ゴミ屋敷とトイプードルと私 5巻のネタバレと感想【派遣の中山さんが怖い?彼女の意外な素顔】

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー
作者名 :池田ユキオ
5巻未完結

こんにちは!
「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」5巻を読みました。

 

 

SNSにハマりすぎて、
サヤは更に奈落の底へ落ちていきます。

 

 

それは、ストーカー被害が
更に酷くなっていくのでした。

 

 

そんな中、会社に復帰した派遣の中山さん。

 

 

彼女は今まで涼しそうな顔をして、
清楚でほんわかした雰囲気を持っていました。

 

 

しかし、このゴミ屋敷とトイプードルと私5巻では、
ついに中山さんの本性が現れる?

 

読んでいると、普通に怖い。

 

 

それは、何を考えているかわからない。

 

 

ということです。

 

 

サヤのようにお金持ちの伯父様たちと、
大好きなmisakiに会いたい。

 

 

など見ていてわかりますが、
この中山さんは何か怖いことを考えて
いそうです。

 

 

気持ちの入っていない目で笑う彼女が
ホントに怖かった…。

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5巻のネタバレ

『増えてる』

 

 

ストーカー被害にあいながらも、
フォロワー数が増えていることに
嬉しく思うサヤ。

 

 

『ストーカー早く逃げて』

 

 

『サヤちゃん可愛いから狙われているんだよ』

 

 

サヤを心配するコメントが沢山とどきます。

 

 

そんな周りが心配するコメントに
気持ちい快感を覚えるのでした。

 

 

『もっと刺激的なフォトスタをあげなきゃ』

 

 

サヤはだんだん、そう思ってきます。

 

 

そんな中、会社では派遣の中山さんが復帰。

 

 

「あの…西村さんは?」

 

 

中山さんはサヤのことを気に掛ける。

 

 

会社の人はそんな中山さんに、

 

 

「あなたを突き落としたのもあの人…」

 

 

「あの人に嫌われていたからよかったんじゃない?」

 

 

サヤが休職中のことを伝えるのでした。

 

派遣の中山さんが怖い?彼女の意外な素顔

「西村さんじゃないと思いますけど」

 

 

階段から突き落としたのは、
サヤではない。

 

 

と話す中山さん。

 

 

そんな中山さんに、会社の人は
サヤのSNSがどんな状態になっているのか
見せます。

 

 

「おもしろがってあおってるだけなのに…」

 

 

心配そうなコメントをしている人は、
サヤがストーカー被害にあっていることを
面白がってみている。

 

 

なのに、サヤは気が付いていない。

 

 

話します。

 

 

サヤを心配した派遣の中山さんと、
上司の詩織が様子を見に行くことに…。

 

 

「詩織さん!?」

 

 

サヤは自宅の外にいて、
何かをしているようでした。

 

 

サヤの玄関はスプレー缶で、
文字が書かれていて酷い状態に…。

 

「自演自作」

 

 

中山さんがボソッといいます。

 

 

それはサヤがスプレー缶を持っていたからです。

 

 

サヤを励ました後、
詩織と中山さんは会社へ戻ろうとする…。

 

 

「本当にまずい状況になった時…
助けてあげれば…」

 

 

詩織がサヤのことを心配そうに言うと、
中山さんは一言いうのでした。

 

 

その顔と言葉は何となく怖い…。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5巻の感想

ストーカー被害にあっていることを
SNSにアップするサヤ。

 

 

アップすると、それをみた人が、
心配するコメントを投稿します。

 

 

それを見てサヤは嬉しくて
ゾクゾクするのでした。

 

 

会社では中山さんが復帰し、
サヤがいない事に気が付きます。

 

 

会社の人がサヤがヤバイ状態になっていることを
教えると、中山さんと詩織で様子を見に行くことに…。

 

 

サヤは更に、
酷いストーカー被害にあっていて、
励まし帰宅します。

 

 

その時の中山さんは今まで見たことがない
表情と言葉…。

 

 

実は中山さんが何か仕向けているのでは!?

 

 

と思うような感じがしました。

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私~港区会デビュー~4」
はBookLive!で54円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』で検索してください。