イビツアイ1巻のネタバレと感想【暗い女子高生?見られたくない動画をアップロードされ…】

イビツアイ(歪愛)‐笑わない君と‐
作者名 :筧あさと
3巻未完結

 
こんにちは!
『イビツアイ(歪愛)‐笑わない君と‐』1巻を
読みました。

 

 

明らかに浮いている…。

 

 

暗い女子高生。

 

 

そんな、琉菜は過酷な人生をいきていました。

 

 

それは、風俗嬢をしていた母親は男とどこかへいってしまう。

 

 

琉菜はその後、叔母の家で一緒に住むことに…。

 

 

しかし、叔母には息子がいて、
その息子と琉菜は男女関係に…。

 

 

ある日学校へいくと、
男子達が動画を見てざわざわと騒いでいました。

 

 

その動画は琉菜の動画だったのです。

 

 

琉菜のあの時の動画が勝手にアップロードされていて…。

 

 

『イビツアイ(歪愛)‐笑わない君と‐』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『イビツアイ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

イビツアイ(歪愛)‐笑わない君と‐1巻のネタバレ

「これマジ?」

 

 

アダルト動画を見て騒ぐ男子達。

 

 

「モザイクあるけど似てね?」

 

 

その似ている人物とは、
同じクラスの早瀬琉菜だったのです。

 

 

「早瀬これオマエだろ」

 

 

男子達がニヤニヤしながら、
琉菜にその動画を見せます。

 

 

そして、固まる琉菜をみて、
男子達は琉菜と確信するのでした。

 

 

「ハズカシー!」

 

 

そんな男子達の声を後に、
琉菜は急いで教室をでていきます。

 

 

そして、自宅まで走る…。

 

 

『どんっ』

 

 

コンビニの前を通り過ぎようとしたとき、
琉菜はコンビニの店員 石黒秀輝とぶつかります。

 

 

『ザッーーー』

 

 

琉菜はそのまま転んでしまう…。

 

 

「ゴメ…」

 

 

秀輝はごめんと言う前に、
琉菜は急いで走り去ってしまうのでした。

 

 

「さっきの子よく店に来るコだなって…」

 

 

秀輝はそんな彼女を眺めていました。

 

 

そこに、友達のジローが、

 

 

「あの子あんまりいい噂きかないけど…」

 

 

琉菜のことをそんな風に話します。

 

暗い女子高生?見られたくない動画をアップロードされ…

「琉菜!学校は?」

 

 

叔母の言葉もふりきり、
自宅へ帰ると、急いで2階へ…。

 

 

「竜介さんがやったの…?」

 

 

自分の動画がネットにアップされていたことを
話す琉菜。

 

 

それは、いとこの竜介とヤッた時の動画でした。

 

 

 

「誰にも見せないっていってたのに…」

 

 

そんな琉菜に竜介は、
お金のためにやった…。

 

 

今まで優しかったのも全部、
この時のためのものだったと話します。

 

 

「動画見せなさい!」

 

 

そこに、竜介の母親が部屋に入ってきます。

 

 

琉菜との動画を見てしまった竜介の母親は…。

 

 

『ばしっ』

 

 

思いっきり琉菜を引っ叩きます。

 

 

「あの時アンタが代わりに
死ねばよかったんだ!」

 

 

叔母は何度も何度も琉菜を
引っ叩く…。

 

 

そんな叔母の行為に琉菜は耐えるしかなかった…。

 

 

「何もない俺にはコレが唯一の趣味」

 

 

秀輝は、綺麗な空が見えるビルの屋上にいました。

 

そして、空にカメラのレンズをむけて写真を1枚撮る。

 

 

『カンカンカン…』

 

 

誰かが階段を上がって屋上へくる足音がします。

 

 

秀輝くはとっさに隠れる。

 

 

そして、隠れた場所からそっと見てみると、
一人の女の子が立っていました。

 

 

綺麗な空を屋上から眺める女の子。

 

 

その姿は秀輝の目を奪います。

 

 

とっさにカメラを手に取り、
その背景を写真に収めていたのでした。

 

 

『カシャッ』

 

 

シャッターの音に気が付いた琉菜は
秀輝のそばへ駆け寄ると、カメラを
手で引っ叩く…。

 

 

「勝手にとったのは悪いけど…
カメラが壊れたら…」

 

 

そういって、琉菜の顔をみると…。

 

 

とても歪んだ苦しそうな表情をしていました。

 

 

そして、その場を走りさるのでした。

 

 

再び秀輝と琉菜が再会したのは、
琉菜が秀輝がバイトするコンビニ来た時でした。

 

 

「え!?」

 

 

コンビニにふらふらしてながら琉菜が
入って来たかと思うと、お店の商品をカバンの中に
入れたのです。

 

 

 

つまり…万引きをしていました。

 

 

「キミ…ちょっといいかな…」

 

 

琉菜を引き留め警察と
叔母の所へ連絡をした秀輝。

 

 

その後、叔母の登場で、
秀輝は驚くべき光景を目にすることに
なります。

 

 

それは、叔母の態度があまりにも酷かった。

 

 

ということでした。

 

 

そんな琉菜のことをダンダン気になって
しまう秀輝…。

 

 

そして…。

 

イビツアイ1巻の感想

風俗に勤める母親に捨てられた琉菜。

 

 

その後、叔母の自宅で暮らしていました。

 

 

しかし、叔母の息子竜介のいいなりにされ、
更にヤッている動画をネットにアップされてしまう。

 

 

そんな彼女の居場所はなく、
そんな時に石黒秀輝と出会います。

 

 

彼もまた、何もない日々を送っていました。

 

 

そんな2人は出会い、
秀輝は琉菜を助けたいと思うようになる。

 

 

とても過酷な人生を生きている琉菜。

 

 

笑わない訳もよくわかります。

 

 

写真を向けられる意味は、
彼女にとっては脱ぐ時と同じ!?

 

 

そんな琉菜が今後どうなるか気になる所です。

 

 

「イビツアイ(歪愛)‐笑わない君と‐」は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 
BookLive!はコチラです。
『イビツアイ』と検索してください。