ゴミ屋敷とトイプードルと私 4巻のネタバレと感想【SNSの執着がヤバイ!サヤの失態がバレる時?】

ゴミ屋敷とトイプードルと私
#港区会デビュー

作者名 :池田ユキオ

こんにちは!
「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」4巻を読みました。

 

 

今まで、サヤはコネのようなもので
営業成績をあげてきました。

 

 

しかし、ついにその失態がバレる!

 

 

それは、港区のおじさま方と身体の関係をもって
営業利益を上げていたこと。

 

 

つまり、枕営業をしていました。

 

 

 

そんなサヤですが、
この4巻では枕営業をしたおかげ!?

 

 

で会社にまで被害が及ぶことになります。

 

 

それは、同じ会社の同僚も、
枕営業OKという風に捉えられちゃったこと!

 

 

会社には、変な電話が鳴りやまない…。

 

 

サヤはドンドン追い込まれていきます。

 

 

そして、派遣で入った中山さんは、
サヤが階段から突き落としたと濡れ衣まできせられる…。

 

 

いいことも、悪いこともSNSに投稿するサヤは、
更に被害が…。

 

 

「そこまでして…」

 

 

と思う位SNSに投稿するサヤの執着が凄かった…。

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー4巻のネタバレ

「中山さん」

 

 

「頼まれた資料バッチリ…」

 

 

サヤが朝出勤すると、
中山さんに頼まれた資料を渡そうとします。

 

 

しかし…。

 

 

「彼女大けがして…」

 

 

会社の同僚が中山さんは昨日階段から
突き落とされて全治2週間の大けがをした。

 

 

と話します。

 

 

更に、

 

 

「昨日ひとりで残業していたのって…」

 

 

会社の同僚は昨日残業をしていたサヤが
犯人だと疑う。

 

 

しかし、サヤには身に覚えのない話だったのです。

 

 

「やめないか!?」

 

 

そんな時に、部長が犯人がサヤと決めつけるのは
良くない。

 

 

そういいます。

 

 

そんな部長に会社の同僚がスマホを取り出し、
サヤが投稿したSNSを見せる。

 

 

「これは極秘資料…」

 

 

SNSの写真に、極秘資料まで投稿されていたのです。

 

 

『プルルル…』

 

 

会社に電話がかかって来たかと思ったら、
複数の電話機が鳴りだす。

 

 
「先方からクレームが…」

 

 

「枕営業のOLをだせって…」

 

 

サヤのことを言うのか、
変な電話までかかってきます。

 

 

更に、
同僚があるサイトを見つけ、
そこにはサヤが港区の叔父様と一緒にいる時の
写真まで投稿されていたのです。

 

 

社名もバッチリ載っていて、
サヤはそのまま停職処分となるのでした。

 

SNSの執着がヤバイ!サヤの失態がバレる時?

ネットで本名も住所もさらされる…。

 

 

サヤは停職処分になって自宅にいました。

 

 

今まで華やかだった生活。

 

 

今は、
真逆のような生活をしていたのです。

 

 

それは、カップラーメンを食べて、
部屋の中はゴミで散らかっていました。

 

 

『誰かに見られている気がしてならない』

 

 

しかし、
お金もないサヤは引っ越しすることすら
できなかったのです。

 

 

そんなサヤは、
実家に帰るという選択肢は
なかった…。

 

 

それは、実家の家庭環境が
サヤにとって好きじゃなかったら。

 

 

『ドンドンドン』

 

 

いきなり、扉が何度もたたかれたと思ったら…。

 

 

 

『差し入れだよ』

 

 

SNSに投稿されるコメント。

 

 

扉の向こうに行ってみると…。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 4巻の感想

港区の叔父様方から、
サヤは知らない…。

 

 

と一度成約をもらったのに白紙になってしまう。

 

 

 

中山さんの書類の作成をお願いされ、
次の日出社すると…。

 

 

中山さんは誰かに階段から突き落とされ、
全治2週間のケガをおっていました。

 

 

犯人がサヤと皆疑いをかける中、
部長だけが、決めつけるのは良くない。

 

と話します。

 

 

そんな中、サヤが残業した時にSNSに投稿した写真。

 

 

それが先方の極秘資料で会社にクレームがはいります。

 

 

それをキッカケか、枕営業していたサヤをだせ。

 

 

更に、ネットにもその失態がさらされていました。

 

 

社名もでていたことから、
サヤは停職処分となります。

 

 

 

住所も名前も公開されている。

 

 

そんなサヤの自宅に誰かが…。

 

 

SNSの使い方には注意が必要ですね…。

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私~港区会デビュー~4」
はBookLive!で54円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』で検索してください。