【漫画】Deep love realのネタバレと感想『影』を持つホスト義之の誕生!

Deep Love REAL
作者名 :Yoshi・Tetsu
19巻完結

 

 
こんにちは!
漫画『Deep love real』を読みました。

 

この話を知ったのは小説です。

 

 

小説が出た時、
女子高生の中でものすごく話題になっていたことを
覚えています。

 

 

そして、私もその中の一人で、
その時読みました。

 

 

小説となにが違うのか?

 

 

漫画だとどう描かれているのか?

 

 

そんな興味本位で今回は購入させてもらいました。

 

 

内容的には、
『人の闇』の部分を描いています。

 

 

そして、内容はどちらかというと重たいです。

 

 

誰しもが持つ心の闇。

 

 

彼もまたホストになります。

 

 

人の魅力は二通り「光」と「影」

 

 

その『影』を抱えたホストとして…。

 

 

死んだような眼をする義之。

 

 

普段は無感情・無表情なのに、
時々見せるその満面の笑み。

 

 

彼のそんなギャップにハマっていく女達。

 

 

義之のテクニックにハマっていく意味がなんとなくわかる…。

 

 

『Deep love real』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『Deep love real』と検索してください。
※登録無料

 

Deep love realのネタバレ

「変な奴がいますが…」

 

 

クラブ プラチナに面接に来ていた男達。

 

 

その中で一人顔はいいが、
妙に変な雰囲気を出す男がいました。

 

 

それは、義之という男。

 

 

オーナーの拓は早速面接を開始する。

 

 

何人か面接して採用、不採用にわける。

 

 

しかし、義之の顔を見ると…。

 

 

『眼が…』

 

 

義之の目を見た拓は固まる…。

 

 

そして、
拓の質問に答えにならないような
返答をするのでした。

 

 

無表情で不愛想…。

 

 

感情を表にださない義之がこの業界には
むかない。

 

 

誰もがそう思っていたのです。

 

 

しかし、拓は…。

 

 

「雇ってみるか!」

 

 

拓が知っている人物で、
義之と同じ目をした人が
いました。

 

 

その目を持った人物は一人だけ…。

 

 

その目と同じ義之に
拓はかけてみることにしたのです。

 

『影』を持つホスト義之の誕生!

『俺のマンションに呼べ』

 

 

拓は、義之をマンションに呼ぶ。

 

そして、

 

 

「女知っているのか?」

 

 

ホストをするのに、女を知らないのは
致命的。

 

 

拓は義之に自分の彼女を沙羅を
抱かせようとします。

 

 

沙羅はベッドの上で義之を待つ。

 

 

初めは、
なんで義之の初体験に付き合わないと
いけないのか!?

 

 

沙羅自身、金持ちたちが金を積んでまで抱きたい女。

 

 

ということもあって、
不満を持っていたのです。

 

 

しかし、義之の身体の傷…。

 

 

そして、抱かれている時沙羅は
不思議な感覚に陥っていきます。

 

 

人間の二通りの魅力「光」と「影」

 

 

沙羅は義之から『影』の魅力を感じてたいのでした。

 

Deep love realの感想

アユと知り合いだった義之。

 

 

そんな義之はホストになるために、
クラブプラチナの面接を受ける。

 

 

誰もがこの業界に合わない。

 

 

そう感じていたのに、
オーナーの拓だけは、
義之の目を見て面接合格させるのでした。

 

 

拓は義之に目を付ける。

 

 

そして、拓のマンションへ呼びます。

 

 

拓は女を知らない義之を
致命的と、彼女の沙羅を抱かせるのでした。

 

そんな、抱かれた沙羅自身も義之の魅力に
気が付いていました。

 

 

「光」を持つ人に惹かれる。

 

 

というのはわかるけど、「影」の要素まで考えなかったです。

 

 

しかし、『影』もまた魅力的なのは確か…。

 

 

「Deep love real」はまんが王国で
読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
「Deep love real」と検索してください。