母になれない女たち~後悔しないための選択~ネタバレと感想【子供は可愛いけど自分も可愛い?】

母になれない女たち
~後悔しないための選択~
作者:ゆうみ・えこヨシダ有希川菜亜子
1巻完結

 

こんにちは!
『母になれない女たち
~後悔しないための選択~』を読みました。

 

 

子供を持つ私、
『母になれない女たち。』というタイトルから、
どんな話なのか興味本位で読んでみました。

 

 

とても酷な内容であるけど、
現実的にあり得る話で少し怖くなりました。
この話は全部で3部作になっています。

・すがりつく瞳
・つぐない
・もう耳はふさがない

そのうちの「すがりつく瞳」です。

 

夫の暴力から逃れるために、
母子家庭となった親子。

 

 

2歳の男の子を育てるためにも、
資格がいらないホステスを
しようとします。

 

 

しかし、ホステスにはふさわしくないと
女としてではなく掃除婦としてそのお店で
雇われます。

 

 

煌びやかで華やかなホステス。

 

 

その反対に、汚物などを掃除する掃除婦。

 

 

いつか、ホステスになりたい!

 

 

と思うその女性は、
2歳の子供を犠牲にしてしまいます。

 

 

子供は可愛いのだけど、自分も可愛い。

 

 

誰もが自分は可愛いと思います。

 

 

そして自分ばかり犠牲にできないのも事実。

 

 

当たり前のような話だけど、怖い話でした。

 

 

『母になれない女たち
~後悔しないための選択~』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『母になれない女たち』と検索してください。
※登録無料・継続課金

母になれない女たち~後悔しないための選択~のネタバレ

「ホステスとして働かせください」

 

 

23歳北川昌子はホステスとして働こうとします。

 

 

しかし、

 

 

「あなたがホステスねぇ…」

 

 

店の社長はそんな昌子をジロジロみて
そう一言。

 

 

「はい?社長」

 

 

社長に呼ばれて現れたのがレイラという
ホステス。

 

 

キラキラしていて、
とても綺麗な女性だったのです。

 

 

そんな、
レイラと比較されて、
ショックをうけるのでした。

 

 

そしてホステスではなく掃除婦として雇われることになります。

 

 

「ここが寮?」

 

 

寮付き、託児所付きで働けるそのお店。

 

 

寮は綺麗だし、託児所も24時間と
しっかりしたものでした。

 

 

「レイラさんにも子供がいるんだ」

 

 

昌子の部屋のお隣はお店NO.1のレイラの部屋。

 

 

2人の幼い子供を連れてお出かけのようでした。

 

 

その服装は子供も含めとてもゴージャスだったのです。

 

 

「私もあんな風になりたい」

 

 

そんなレイラをみて昌子はホステスに
憧れるようになります。

 

 

「うげぇー」

 

 

客を接待していると、
気分が悪くなり男子トイレで嘔吐。

 

 

それを片付ける昌子。

 

 

お店は華やかなのに、
昌子はお客の汚物の後片付け…。

 

 

増々、いつかあちら側(ホステス)に
なるんだ!

 

 

と強く思うのでした。

 

子供は可愛いけど自分も可愛い?

昌子の幼い息子将太は託児所に慣れず
いつも泣いていました。

 

 

そんな中初任給をもらいます。

 

 

すると…。

 

 

「55,381円」

 

 

給料の安さに驚いてしまいます。

 

 

それはそのはず、託児所で15万。

 

寮に使用料で10万とられていたからです。

 

 

そのことを社長に話すと、
他の人は良心的と言っている。

 

と話すのでした。

 

 

「お金がほしい…。」

 

 

昌子は託児所を辞めて、
2歳の将太を自宅でお留守番させるようになります。

 

 

そのころ、レイラの子供も、
託児所を辞めた。

 

 

と託児所の職員から聞くのでした。

 

 

託児所代を浮かせるために、
将太を自宅で留守。

 

 

2歳の子供が一人で過ごせるわけもなく
オツムも変えられず、お尻がかぶれていきます。

 

 

「わああああああん」

 

 

昌子が仕事を終えて自宅へ帰ると、
将太がくっついて離れない。

 

 

部屋は食べ物や飲み物で散乱していました。

 

 

しかし、

 

 

「ひとりでも大丈夫みたいね」

 

 

部屋は散らかっていたが、
その日一人ですごせた将太を見て
安心する昌子なのでした。

 

 

更に昌子はある男性と恋に落ちると…。

 

母になれない女たち~後悔しないための選択~の感想

夫のDVで母子家庭になった昌子と将太。

 

そしてホステスとして働こうとします。

 

 

しかし、ホステスにふさわしくない。

 

と掃除婦として雇われます。

 

 

綺麗な寮に24時間の託児所付き。

 

 

働く女性にとってありがたい環境なのですが、
お給料を見ると、託児所に15万、寮代に10万と
手元に残るお金は5万円位だったのです。

 

 

お金欲しさに、2歳の将太を自宅で留守番させる
昌子。

 

 

そんな翔太が大丈夫なわけもなく、
更に男と恋に落ちると…。

 

 

怖い選択でもあるけど、
昌子はその過ちに気が付かされる事象が
あります。

 

 

育児の大変さはわかりますが、
本当に大事なものはなんなのか!?

 

 

わからなくなることもあるのかも
しれません…。

 

「母になれない女たち~後悔しないための選択~」
はまんが王国で読むことが出来ます。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
「母になれない女たち」と検索してください。