SNS地獄vol.2ネタバレと結末【炎上を狙え?動画で稼ぐ女性の危険】

SNS地獄vol.2
作者名 :高村しづ ・とらふぐ

 

 

こんにちは!
『SNS地獄vol.2』を読みました。

 

この話は動画で稼ぐ女性の危険性が描かれています。

 

 

最近YouTubeを使って稼ぐ人がいますよね?

 

 

その中でも色んなやり方があると思いますが、
その女性は炎上を狙って再生回数を増やそうとします。

 

『稼ぎたい!』

 

 

『稼ぎたい!』

 

 

『稼ぎたい!』

 

お金が中心となっているその女性の生活は、
常に動画になるネタ探し。

 

 

しかし、炎上を利用して再生回数を増やす。

 

 

そのやり方は、『憎悪』、『恨み』、『妬み』
を増幅させ最後に彼女が手に入れたものは?

 

 

お金に囚われすぎると、
知らない内に人の怨念のようなものを
引き寄せてしまうのかもしれません。

 

誰でも閲覧できるからこそ、
怖すぎる彼女の結末は…。

 

 

『SNS地獄vol.2』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
『SNS地獄』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

SNS地獄vol.2のネタバレ

『私もあんな風に金持ちになりたい』

 

3ヶ月前に友人と会った恵。

 

 

その友達に連れてってもらった所は
高級なレストランでした。

 

 

「おごるから恵は好きなものを食べて」

 

 

友人は高級な食事を恵におごります。

 

 

悪そうに、心配そうにその友人に
なんでこんな食事をおごれるのか!?

 

 

と聞くと、その友人の子供が
キッズユーチューバー。

 

 

動画で報酬を得ていると、
見せてくれるのでした。

 

 

娘自慢もできて、
更にお金も稼げるなんて最高!

 

 

とニコニコしながら食事をするのでした。

 

友人の姿を良く見ると、
イヤリングにバッグと高級そうな物を
身につけていました。

 

『羨ましい…』

 

 

恵はそんな友人を妬ましく思ってしまうのです。

 

 

そして、自分も稼ぎたい!

 

 

と心の中で思うのでした。

 

炎上を狙え?動画で稼ぐ女性の危険

恵はメグちゃんチャンネルを立ち上げて、
動画を作ります。

 

しかし、

 

 

『視聴回数18回』

 

 

工場で仕事をしている恵は、
休憩時間に視聴回数を見るとたった18回。

 

 

視聴回数も上がらず、コスメ代などむしろマイナスに…。

 

 

『こうゆうバカっぽい
叩きやす動画を求めてる!?』

 

 

他の人の動画を参考に見ていると、
ヒントをもらいます。

 

 

それは、炎上商法です。

 

 

恵はカツラにメイクにと普段と正反対の
けばそうな女に変身。

 

 

『大量のせんべい3分で割る』

 

 

食べ物を粗末にした動画をアップ。

 

 

すると…。

 

 

『化粧ケバすぎ…』

 

『食べ物粗末にするな』

 

 

『はっ!?バカなの?』

 

 

とメグちゃんチャンネルは炎上し始めます。

 

それを見て喜ぶ恵。

 

 

なぜなら、視聴回数は上がり、
収入が入ってくるから。

 

 

「こちらの仕事バカらしくなって…」

 

 

同じ職場の人にも副業がもうかりすぎて、
今の仕事がバカバカしい。

 

 

恵は視聴回数が上がって有頂天になっていきます。

 

SNS地獄vol.2の結末

『皆私を叩きたくってウズウズしている』

 

炎上というやり方でメグちゃんチャンネルは
叩きたい人の集まりができていました。

 

 

登録者も増え視聴回数も増える。

 

「おかげさまで儲かっています!」

 

 

恵は嬉しくて笑いが込み上げてくるのでした。

 

 

そして、仕事を辞めようと思っていると、
工場に海外から男の研修生が入ってきます。

 

 

その研修生はイケメンで、
恵と仲良くなっていくのでした。

 

 

恵みはそんな研修生に恋をする。

 

 

そして、ついに恵の家に遊びに来たいと話す研修生のペイポン。

 

 

何もかもうまくいっているようだけど、
恵は動画を作成しているうちに、
人の憎悪、妬み、恨みを集めていました。

 

 

そして、その動画は恵の知らないうちに動き出す…。

 

 

その結末に”ゾッ”としてしまう程に。

 

 

「SNS地獄vol.2」はBookLive!で
216円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『SNS地獄』で検索してください。