使えない!ダメンズ夫ネタバレと感想【家が欲しい!節約!切り詰めた生活の結果…】

使えない!ダメンズ夫
作者名 :桐野さおり
1巻完結

 

こんにちは!
『使えない!ダメンズ夫』を読みました。

 

 

『家が欲しい!』

 

周りの友達や知り合いが新築やマンションを購入
しているのを見ると、自分も欲しくなりますよね?

この話も、友達がマンションを購入。

 

それを聞いて、自分も一軒家が
欲しくなった1児の母莉子の話です。

 

 

家を購入すると決めたその日から、
莉子家族の節約をはじめます。

 

 

しかし、
夫は価値観の違いからか、
一軒家なんていらない。

 

 

と意見が分かれてしまうのです。

 

 

というのも、自分のおこづかいが減らされるくらいなら
家なんていらない。

 

と思っていたからです。

 

 

『ビールは発泡酒』

 

 

『コンビニで買う朝ごはんはやめて自宅で』

 

 

『タバコはやめてる』

 

 

など、夫への要求が多くなっていく…。

 

 

そんな莉子に子供も夫も窮屈に感じるようになっていきます。

 

 

しかし、夫も夫でブランドのスーツを勝手に
買ってきたり。

 

 

その買い物は一般の生活水準を上回る!?

 

 

『使えない!ダメンズ夫』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
『使えない!ダメンズ夫』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

使えない!ダメンズ夫のネタバレ

「またお風呂の照明つけっぱなし」

 

お風呂の電気のつけっぱなし。

 

 

誰かと思ったら夫。

 

 

電気代がもったいない。

 

 

と思う妻の莉子。

 

 

「あ、言い忘れたけど…」

 

 

そういって、夫が言い出したのは、
勝手にブランドスーツを買ってきた。

 

 

ということ!

 

 

しかも、5万5千円。

 

 

自分がおしゃれと話す夫に、
イライラしてしまう莉子なのでした。

 

 

「お小遣いでまかなってもらうから」

 

 

スーツ代を夫のお小遣いからまかなって
もらうことを話すと、夫はタバコが買えなくなる。

 

 

と言い出します。

 

 

タバコなんて吸わなくてもいいし、
禁煙してほしい。

 

 

と感じる莉子なのでした。

 

家が欲しい!節約!切り詰めた生活の結果…

「新しいお家ーーー!!」

 

 

莉子が急に節約し始めたので、
夫が聞いてみると、新し家を買いたい。

 

と話しはじめます。

 

 

家など買う予定になかった夫は、
驚いてしまう。

 

 

莉子がなぜ急に家を買いたいと言い出したのか?

 

 

それは、大学の親友早苗がマンションを購入した
からなのでした。

 

 

早苗と莉子を比べると
どことなく、いつも優位になっていた莉子。

 

 

なのに、親友が先にマイホームを購入。

 

 

だからこそ、優位に立ちたい
一軒家が欲しかったのです。

 

 

「俺は御免だね」

 

 

夫は一軒家を買うことを反対。

 

というのも、賃貸にすんでいれば、
住宅手当で月3万会社から支給されます。

 

 

しかも、大きなローンも組む必要もない。

 

 

夫の言い分もごもっとだが、
そんな夫の行動を振り返ってみると…。

 

「今月金欠で…」

 

 

「2万貸して…」

 

 

「もう二度とギャンブルはやらないから…」

 

 

お金にだらしないことに気が付きます。

 

 

そして、ダメンズ夫の代わりに、
自分が頑張らないと!

 

 

と思う莉子なのでした。

 

 

「家で朝食食べれば朝食代浮くでしょ!」

 

 

「来月からおこづかい2万ね!」

 

 

「発泡酒だけど何か?」

 

 

莉子の節約生活が始まりました。

 

 

食費の節約もそうだけど、
夫のお小遣いを減らしたり、
食べ物のランクを下げたり…。

 

 

そのことに、夫は良い顔をしなかったのです。

 

 

更に莉子は…。

 

使えない!ダメンズ夫の感想

親友がマイホームのマンションを購入したことから
自分もマイホームが欲しいと節約を始める莉子。

 

その生活は、節約、節約と
夫のお小遣いや食費を切り詰める。

 

 

生活は窮屈なものとなっていくのでした。

 

 

しかし、そんな夫もお金にだらしなくて、
ギャンブルもしていたことも…。

 

 

切り詰めるあまり、
あることまで変更してしまうのです。

 

 

すると…。

 

 

夫のお金のだらしなさも目につくけど…。

 

一軒家を購入するのに、
ここまで生活を切り詰めないといけない
その厳しさ…。

 

 

夢のマイホームって言うけど、
家の為に自分の好きなものまで買えなくなる
生活に考えこんだ私なのでした。

 

 

「使えない!ダメンズ夫」は
Book Live!で108円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『使えない!ダメンズ夫』で検索してください。