太る女 14話のネタバレと感想【奈津美の証拠物?慎吾が命をかかえて守ったもの!?】

太る女
作者名 :甲斐今日子

こんにちは!
『太る女』14話を読みました。

 

 

真悟が狂った…。

 

 

と思っていましたが、
本当に華子のことが好きだったんですね。

 

 

真悟は華子の為になろうと、
奈津美の会社の警備員になります。

 
更に奈津美のマンションにまで…。

 

 

真悟のことを知らない奈津美だったが、
そう簡単にはやられないのが奈津美です。

 

 

真悟は奈津美の罠にハマってしまう。

 

 

華子の祖母を殺したことのある奈津美に
真悟の命も惜しくはない!?

 

 

あり得ない奈津美の小細工に慎吾の命は…。

 

 

「太る女」無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「太る女」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

太る女14話のネタバレ

華子の実家跡に来ていた真悟。

 

焼けた家をウロウロしていたのでした。

 

 

そんな、慎吾の様子をスマホでパシャパシャ撮影
するおばちゃんが…。

 

 

そのおばちゃんは奈津美と関係がある人のようで、
写真は奈津美の元へ届きます。

 

 

『誰このデブ男…!?』

 

 

写真を見ても心当たりのない奈津美。

 

 

華子の祖母殺しを突き止めようとしている人
と思った奈津美は気が気じゃありませんでした。

 

 

会社でも顔色がすぐれずにいると…。

 

 

そして、フッとみると、
送られた写真と同じ顔の警備員がスタスタと
歩いていったのです。

 

 

『その男の経歴書をメールでちょうだい』

 

 

警備スタッフに連絡して、
早速、真悟の経歴書を確認する奈津美。

 

 

そして、真悟が
華子が入院していたあの病院の
警備員をしていたことを知るのでした。

 

 

『ウロチョロしたいならさせればいいのよ』

 

 

奈津美は慎吾を泳がせます。

 

 

そして、真悟が奈津美のマンションまで入ってきたところを…。

 

 

後日、華子のもとに宅急便が届きます。

 

 

送り主は慎吾で、
小包の中には手紙も入っていました。

 

 

その贈り物とは!?

 

太る女14話の感想

華子の焼けた自宅をウロチョロする慎吾。

 

その様子を近所のおばさんが写真に収めて
奈津美に報告するのでした。

 

 

その後、奈津美は真悟のことを調べ、
泳がせます。

 

 

奈津美のマンションに来たところを狙って
奈津美は慎吾に…。

 

 

別の日華子の元に1つの小包が届く。

 

 

それは慎吾からでした。

 

 

その中身は華子を助けるための物でした。

 

 

「太る女」14話はBookLive!で
162円で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『太る女』で検索してください。