ゴミ屋敷とトイプードルと私~港区会デビュー~2巻ネタバレと感想【SNSで身元を確認?とにかくやりすぎにはご注意を!】

ゴミ屋敷とトイプードルと私
#港区会デビュー
作者名 :池田ユキオ
1巻未完結

 

こんにちは!
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー』です。

 

 

この話は、
ゴミ屋敷とトイプードルと私の続編になりますが、
内容は明日香の時とほとんごかぶりません。

 

 

少し明日香が出てくるくらい。

 

 

そして、怖いのがSNSで誰かが見ている。

ということ。

 

 

何も気にせず投稿し続けると、
意外と周りからの反感や嫉妬を仰いだり。

 

 

もしくは、プライベートまで
チェックされるツールとして扱われるということです。

 

 

とにかく、SNSのやりすぎにはご注意を!

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビューのネタバレ

『見て、見て、見て、あたしを見て』

 

 

素敵な彼氏と夜景の見える所でディナー。

 

 

そして、念願のプロポーズを受けるサヤ。

 

 

その目の前には、
婚約指が…。

 

『#幸せのカタチ』

 

『#2人でみる未来』

 

 

彼からもらった婚約指をつけ、
その幸せをSNSに投稿します。

 

 

「おめでとーサヤ」

 

 

翌日会社に出社すると、
サヤが投稿したSNSを見た同僚たちが
声をかけてきます。

 

 

サヤが婚約した相手は、
社内の女子に人気の徳井だったらです。

 

 

羨ましがる同僚を見て、

 

 

『あー気持ちいい』

 

 

『もっと言って、もっとちょうだい!』

 

 

サヤは高揚感に浸ります。

 

 

「意外~そんな感じでいいんだ?」

 

 

サヤの婚約指輪をみた同僚たちが、
もっと高い指輪を要求すると思っていたのか、
庶民的と話すのでした。

 

 

その言葉にサヤは面白くなかったのです。

 

SNSで身元を確認?とにかくやりすぎにはご注意を!

その後サヤは、営業部へ異動となります。

 

 

営業部にいる女子達はレベルが高そうで
キレイな人ばかり。

 

 

そんな環境で働けると思うと、
嬉しくなるサヤなのでした。

 

 

 

そんな中、
派遣の中山泉も営業部へ
配属となります。

 

 

派遣と同じレベルと思われるのが嫌なのか、
サヤは面白くない態度をとる。

 

 

「ぜひ来てよサヤちゃん」

 

同じ営業部の女子達に異業種交流会に
誘われます。

 

 

そして、
行ってみるとそこはセレブが集まる
”港区会”という集まりなのでした。

 

 

「パパ活よ」

 

 

営業部の詩織が話します。

 

 

そして、サヤも欲しい物ほしさに
パパ活を始めるのでした。

 

 

『#ヒルズ#鉄板焼き』

 

 

『#女子会#リムジン』

 

『#クルージング』

 

 

とにかく、サヤのSNSはセレブな生活が
アップされます。

 

 

「今夜上の部屋、とってあるんだ」

 

 

港区会で知り合った社長と食事。

 

 

そして、ホテルの部屋に誘われサヤ。

 

 

「皆やってるよ」

 

 

そんな詩織の言葉を思い出し、
ついに一線を越えるサヤなのでした。

 

 

SNSを投稿し続けるサヤ。

 

 

そのサヤのSNSをチェックし、
サヤを盗撮する人がいたのです。

 

そして…。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私~港区会デビュー~2巻の感想

高揚感に浸りがたいために、
キラキラした出来事をSNSにアップするサヤ。

 

富裕層が集まる港区会デビューをすると、
美味しい食事やクルージング、リムジンなど、
贅沢な出来事が普通になっていきます。

 

 

そして、身の回りに起きるキラキラした出来事を
SNSにアップし続ける。

 

 

その投稿を見ている誰かが、
サヤを盗撮し始めます。

 

 

その姿は良いものだけではなく、
社長と一緒にいる所まで…。

 

 

表ではなく裏も写真で取られます。

 

 

それを知らずに、SNSに投稿し続ける
サヤの行く末は…。

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私~港区会デビュー~2巻」
はBookLive!で108円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』で検索してください。