仮想通貨地獄ネタバレと感想【仮想通貨の怖い罠?あっという間に5千万の末路!?】

仮想通貨地獄
作者名 :こわたり・とらふぐ
1巻完結

 

こんにちは!
「仮想通貨地獄」を読みました。

 

 

この漫画を読んでいると、
昨年2017年に起きた出来事を思い返してしまいます。

 

 

仮想通貨をしていた人で、
もしかしたらこの主人公のようになっている人も
いたのかもしれません。

 

 

2017年の仮想通貨元年とも言われていた年に、
「億り人」という言葉も流行りましたね。

 

 

その意味は、
一時にして億を儲けてしまった人を
いったのですが…。

 

 

ここに登場する主人公も
無い資金をなんとか捻出して仮想通貨に投資する。

 

 

そして、
一時に日本円で5千万までいったのです。

 

 

まさに、
セレブとなった彼女の生活はガラリと
変わってしまいました。

 

 

しかし、

その後仮想通貨の罠にハマってしまいます。

 

 

それは、予測できたリスクだったはず。

 

 

仮想通貨をしている人ならこの漫画を読んで、

 

「あ~~あり得るね!」

 

と思う出来事なんじゃないか!?と私は思います。

 

 

実際にありそうで怖い話…。

 

 

仮想通貨している人は一度は読んで見たほうが
良いかもしれませんね。

 

 

当たり前だけど、ハマると気が付かないリスク!?

 

 

「仮想通貨地獄」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「仮想通貨地獄」と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

仮想通貨地獄のネタバレ

『あなたは私の神様です』

 

 

佐藤千秋30歳は、
マキヤという男性アイドルに
ハマっていました。

 

 

千秋にとってマキヤは
暗闇から救い上げてくれた神同然だったのです。

 

 

マキヤのライブで幸せを感じる千秋なのでした。

 

 

『私このままじゃ絶対終わらない』

 

 

ネットカフェが仮住まいの千秋は、
そう強く思う。

 

 

千秋自身、家は貧乏で周りからはバカにされる
ていました。

だからこそ、周りのことを

 

『見返してやる…』

 

 

そんな想いが強かったのです。

 

 

そんなマキヤが、

 

 

「僕は最近仮想通貨の会社を立ち上げました」

 

 

マキヤが主催する仮想通貨セミナーに参加したくて、
千秋は自分の身体を売ってお金を手に入れようとします。

 

 

そのセミナー代は10万円!

 

 

『稼がなきゃ…!!』

 

 

そして念願のマキヤの
仮想通貨セミナーに参加したのでした。

 

 

「1年前までの1ヒットコインは

約1万円の価値でした」

 

 

「二年後には1日っと

コイン200万の高値に高騰!」

 

 

セミナー講師はそんなことを話始めます。

 

 

「億万長者になるチャンス」

 

その後、マキヤが登場!

 

 

「一緒に億り人になりましょう」

 

 

マキヤは千秋の手を握って
そう言うのでした。

 

 

「仮想通貨買いますっ!!」

 

 

千秋は仮想通貨を買うことを決めたのでした。

 

仮想通貨の怖い罠?あっという間に5千万の末路!?

『手っとリ早く投資金を稼ぎ…』

 

『仮想通貨の勉強をし…』

 

 

マキヤと約束した千秋は、
その日から仮想通貨の為に行動を起こすようになります。

 

 

そして、千秋が得たお金はマキヤン取引所で
仮想通貨を購入することが日課になっていました。

 

 

『すごいっまた上がってる』

 

 

チャートを見ていると、

うなぎ上りにあがっていきます。

 

 

『まだ上がる』

 

 

『まだまだ!』

 

 

その勢いは止まらない。

 

 

マキヤのマジャコインは
TVに取り上げられるほど話題になっていきます。

 

 

その時千秋の手には日本円にして、
5千万のマジャコインを手にいれていたのでした。

 

 

「このパーティーは富裕層である上位2%
の方々を対象に定期開催しています」

 

 

マキヤは、マジャコインで儲けた人達だけを
集めてパーティーを開催します。

 

夜景の見えるホテルのような所で開かれるパーティー。

 

 

周りにはセレブにしか見えない人々。

 

 

千秋はセレブの一員となっていたのです。

 

『今夜はマキヤ様の限定パーティー…』

 

 

SNSに投稿する千秋。

 

 

周りの反応は賞賛というより、
妬みへと発展していきます。

 

 

「僕のビジネスパートナーとして
協力してください」

 

 

その中でも千秋がマキヤの
ビジネスパートナーとして
選ばれるのでした。

 

 

幸せの中にいた千秋。

 

 

しかし、この後仮想通貨の罠にハマってしまいます。

 

 

それは…。

 

仮想通貨地獄の感想

マキヤのファンだった千秋。

 

 

仮住まいはネットカフェだったのです。

 

 

そして、マキヤが仮想通貨の会社を設立し、
セミナーを開催。

 

 

千秋はなんとかお金を捻出してセミナーに参加するのでした。

 

 

それを機会に仮想通貨の勉強を始め、
稼いだお金はマキヤ取引所で仮想通貨を買う。

 

 

マキヤ取引所で扱うマジャコインは、
あっという間に高騰し千秋の手元には
5千万が入ります。

 

 

そして、選ばれた人だけがいけるマキヤのパーティーに
参加。

 

 

千秋はマキヤのビジネスパートナーとなるのでした。

 

 

しかし、その後仮想通貨の怖い所が
分かります。

 

リスク分散は考えないといけないですね。

 

 

「仮想通貨地獄」はBookLive!で216円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
「仮想通貨地獄」と検索してください。