太る女 10話のネタバレと感想【痩せる華子!?太った原因がわかる?】

太る女
作者:甲斐今日子

 

こんにちは!
『太る女』10話です

 

悪徳病院に送りこまれた華子。

 

 

もう、死ぬしかない!

 

 

と思っていたら、意外な人に助けられます。

 

 

それは、警備員です。

 

 

ちょっと小太りの警備員。

 

 

華子が自殺したら、自分も大変なことになると、
必死でくいとめる。

 

 

そして、この病棟が華子にふさわしくないと
思うと、悪徳病院を脱出させて、おすすめの大学病院へ
転移させてくれたのです。

 

 

そして、そこで華子の太った原因が判明!

 

 

ついに、華子はあの時の綺麗な華子に戻るのか!?

 

 

そんな時に、あの警備員が華子に…。

 

 

「太る女」無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「太る女」と検索してください。
※登録無料

 

太る女10話のネタバレ

「華子は死にます」

 

 

病室の窓から身を乗り出した華子。

 

 

華子は自殺しようとしていました。

 

「や…やめろー!」

 

 

そこに警備員が現れて、
華子を取り押さえる。

 

 

「死なせてよ~!」

 

 

華子はジタバタ大きな体を
動かして抵抗します。

 

 

しかし、警備員は男でしかも華子と
似たような体系。

 

 

華子が身動き取れない訳です。

 

 

「警備中に自殺されたらこっちが
困っちゃう」

 

 

若い男の警備員は、
華子にオロオロしながら『自殺されては困る』と
頼み込みます。

 

 

「太っているだけで馬鹿にされて…」

 

 

太っているからこその悩みを、
警備員に打ち明けると…。

 

 

「よくわかるよ太ってることで
辛い目に合う気持ち…」

 

 

警備員も太っているから華子の気持ちが
よくわかります。

 

 

そして、華子の事情をきくうちに…。

 

 

「君はここを出たほうがいい」

 

 

ここは悪徳病院。

 

 

華子にこの病院を出たほうが良いと、
警備員は手引きしてくれるのでした。

 

 

「信頼できる病院を知っているんだ」

 

 

そういって、外まで出て、タクシーを呼ぶ。

 

 

華子にお金を渡すと信頼できる病院
まで華子を送るのでした。

 

 

「今すぐ病院を探せ」

 

 

華子がいなくなったことに気が付いた院長。

 

 

病院内を探しても華子はいない。

 

 

そして、院長は奈津美に何されるかわからない。

 

 

そのことから、華子がいなくなったことを
ごまかすように言うのでした。

 

痩せる華子!?太った原因がわかった?

 

「僕は丸山慎吾」

 

 

昨日の警備員が華子の病室に…。

 

 

そして、自分の名前を名乗ります。

 

 

「菊池さん検査の結果がでましたよ」

 

 

病院で受けた検査。

 

 

そして、華子が太った原因がわかります。

 

 

「治りますよ」

 

 

医師はニッコリとして華子にそう話すのでした。

 

そして、元に戻れるなら戻りたいと、
華子は思います。

 

 

「私出来るかぎり丸山さんにお返しがしたいの」

 

 

死のうとしていた華子に希望を与えたことで、
慎吾にお礼をしたいと話します。

 

そして、つい嬉しくて抱き付いてしまった華子。

 

 

赤面する慎吾に、今度は慎吾から…。

 

太る女10話の感想

 

病院で死のうと窓から飛び降りようとする華子。

 

 

そこに、警備員をしていた慎吾が現れて、華子を必死にくいとめる。

 

 

ここは悪徳病院だから…。

 

 

そういって、華子をその病院から脱出させ、
慎吾のお勧めの大学病院を紹介します。

 

 

その大学病院で華子が太った原因が判明!

 

 

もとに戻るとわかった時現れたのが、
慎吾となんと弘行だったのです。

 

 

慎吾と華子の関係が今後気になる所。

 

 

後、弘行とも!?

 

 

「太る女」10話はまんが王国で100円で読むことができます。

 

無料お試し読みもあるので
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『太る女』で検索してください。