私の顔にさようなら ネタバレと感想【イジメの連鎖を断ち切れない?子供から大人へ…】

私の顔にさようなら
作者:函岬 誉
こんにちは!
『私の顔にさようなら』を読みました。

 

この話、残酷です…。

 

 

イジメの連鎖は止まらないものなのかもしれません。

 

 

イジメられた人は、
その想いを忘れずにいますからね。

 

 

この漫画の内容は、
子供の頃イジメをしていた子供達が大人になります。

 

そして、中学校の同級会に参加。

 

 

久しぶりにあった友人達の再会に喜びます。

 

 

ここでも、
当時の卒業写真を見ながら、
昔の女子の悪口を言う…。

 

 

しかし、
そんな子供の頃イジメっ子だった母親が、
自分の息子が今度学校でイジメにあっていたのです。

 

 

自分の息子がイジメに合って苦しむ母親。

 

 

しかし、
昔その母親にイジメられていた側の人は、
イジメられる人の本当の苦しみがわかるはずがない。

 

 

とその母親を恨みます。

 

 

更に、イジメられた想いは断ち切れず、
同窓会をキッカケに恐ろしい出来事が起こり始める。

 

 

『私の顔にさようなら』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『私の顔にさようなら』と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

私の顔にさようならのネタバレ

「美加ったら中学校の時と変わっていない」

 

『鏡が丘中学校15期生同窓会』が、
開かれて久しぶりに友人と再会。

 

 

そこで、
中学校の時に仲が良かった、
美加と美菜樹、舞美がそろっていました。

 

 

舞美はなんだか東京へ行って綺麗になって
雰囲気が変わっていることに驚く美菜樹と美加。

 

 

「懐かしい…」

 

 

会場には当時の顔写真が一人一人飾られていました。

 

 

「美冬なんてトレイの鏡独占していたもんね」

 

 

美冬の話がでると…。

 

 

「今頃どうしているんだろうねあの顔で」

 

 

当時、美人だった美冬は交通事故で
化け物のような顔になってしまっていたのです。

 

 

美人を鼻にかけていた美冬が、
事故にあって化け物のような顔に
なったことを笑う美加と美菜樹。

 

 

しかし、
その時ノリノリだったはずの舞美だけは
笑わずにいました。

 

 

「そうそう舞美。
那美子は?」

 

 

同じ東京に住んでいる那美子のことを
舞美に聞いてみると…。

 

 

「先月…自殺したわよ」

 

 

那美子は自殺したと暗い顔で話します。

 

 

美加も美菜樹もあまりにも唐突すぎて、
驚きと怖い顔をしてしまう。

 

そして、涙をポロポロ流しながら、

 

 

「あの時の4人で、また会えると思ったのに…」

 

 

悲しむ美加と美菜樹なのでした。

 

イジメの連鎖を断ち切れない?子供から大人へ…

 

「良かったらうちに泊まりにこない?」

 

 

美菜樹は二次会へ…。

 

 

美加はまだ子供が小さいから、
二次会にはいかないと話します。

 

 

そして、舞美を自宅へ誘う美加。

 

 

「…その人誰…?」

 

 

美加の自宅は旦那は単身赴任でいない。

 

 

そして、小学生の息子英雄がいました。

 

 

英雄の顔には、いくつかのシップが貼ってありました。

 

 

「実は…英雄学校でイジメられているのよ…」

 

 

「今では部屋に引きこもり状態」

 

 

暗い顔で美加は英雄のことを話します。

 

 

「殺しちゃえば?」

 

 

その様子を見た舞美が
いきなり怖いことを話す。

 

 

その顔は真剣だったのです。

 

 

「最近のイジメっ子は手加減なしだから…
自殺するまで追い詰められるわよ」

 

 

舞美は美加に怖いことを話し脅します。

 

 

そして、美加も英雄を守るために、
舞美の話にのってしまうのでした。

 

 

それは、舞美にとっての作戦だともしらずに…。

 

私の顔にさようならの感想

 

中学の同窓会で再開した、
美加、美咲樹、舞美。

 

 

中学生当時の顔写真を見て、
話が盛り上がります。

 

 

当時仲が良かった
那美子と一緒じゃないのか
舞美に聞いてみると、自殺したと話します。

 

 

子供がまだ小さい美加は2次会に行かず、
舞美を自宅へ誘います。

 

 

そして、息子の英雄が学校でイジメに
合っていることを舞美に話すと、
殺しちゃえば?

 

 

と怖い答えが返ってっくる。

 

 

自分の子供を守るために、
舞美の作戦にのってしまう美加。

 

 

しかし、それは、舞美の思惑だったのでした。

 

 

「私の顔にさようなら」は
まんが王国で1巻150円で読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
「私の顔にさようなら」と検索してください。