ママに愛されなかった ネタバレと結末【ママが好きだから…虐待されても側にいた9歳の女の子】

ママに愛されなかった
作者:坂口ナオミ
1巻完結

 

こんにちは!
「ママに愛されなかった」を読みました。

 

「ママが好きだから…」

 

 

子供は無条件で母親が好きだったりします。

 

 

そんな、女の子の想いは伝われずに、
母親に愛されることなく女の子は亡くなる.

 

 

それは、母親の相手男性から虐待を受けて…。

 

 

母親と父親の不仲で離婚。

 

 

そして、母親は彼氏と暮らし始めます。

 

 

母親の連れ後の双子の女の子達。

 

 

彼氏は、そんな双子の女の子に
虐待をし始めるのでした。

 

 

そして、1人は父親の所に逃げていくけど、
もう一人は母親の元を選びます。

 

 

それは、シンプルに母親が好きだったからです。

 

 

母親の元に戻った女の子は、
もう一人の双子の姉妹の分も
酷い虐待を受けるようになっていきます。

 

 

凄まじい…その暴行は…。

 

 

「ママに愛されなかった」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
「ママに愛されなかった」と検索してください。
※登録無料

 

ママに愛されなかったのネタバレ

 

「…酷い」

 

 

「本当に母親がやったことだと」

 

 

土に埋められた9歳の少女の遺体を
見ながら警察が口々にそう話す。

 

 

その遺体は、
酷い状態で発見されたのでした。

 

 

なぜこの少女はこんなこに
なったのか?

 

 

それは、母親が父親と離婚をし、
彼氏と一緒に暮らし始めたことから
始まったのでした。

 

ママが好きだから…虐待されても側にいた9歳の女の子

 

「この子のこと可哀そうだと思わんのか」

 

父親が母親を怒鳴る…。

 

 

子供に食事を作らず酔っぱらう母親が
そこにいたのでした。

 

 

ホステスをしている母親は
酔っぱらっていることが
多かったのです。

 

 

「私もう疲れたわ」

 

 

「幸せにして」

 

 

夫婦関係が悪い仲母親は、
独り身で息子がいる忠男と出会う。

 

 

そして、夫と別れて
娘を連れて忠男と暮らし始めるのでした。

 

 

「口答えするな」

 

 

「おまえらはよけいもんじゃ!!」

 

 

忠男と暮らし始めるようになると、
双子の美月と葉月にだけ暴力をふる。

 

 

そして、ご飯抜きの時も…。

 

 

「あのおっちゃん怖い」

 

葉月と美月は忠男を恐れて
父親の所へ逃げようとします。

 

しかし、

 

 

「うちやっぱりお母さんとおる」

 

 

美月は、母親が可愛そうと、
母親のもと
へ帰ってしまうのでした。

 

ただ、ママが好きだからという想いで
美月は虐待を受ける家に戻るのでした。

 

そこから、
葉月の分まで美月が
忠男から虐待を受けることになるのです。

 

ママに愛されなかったの結末

 

「顔にアザできとるね」

 

学校の先生が、
美月の顔にアザがあること見つけます。

 

「おじさんが…」

 

 

美月は一言そういうと、
先生は”パシャッ”と携帯で美月の写真を
撮ります。

 

 

そして学校から、
美月の母親に連絡すると…。

 

 

忠男はその事実を知り、
美月に恐ろしいほどの暴行を加える。

 

 

それは、美月がお漏らしするくらいまで…。

 

 

エスカレートする忠男の暴行。

 

 

美月はついに学校へすら
行けなくなるのでした…。

 

 

その後、美月に恐ろしい現実が待ち受けていたのです。

 

それは…。

 

 

「ママに愛されなかった」はまんが王国で
読むことが出来ます。

 

無料お試し読みもあるので
良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
『ママに愛されなかった』と検索してください。