ブスで処女な6人の女たち ネタバレと感想【愛しているいの連呼電話!?女の勘違いはヤバすぎる?】

ブスで処女な6人の女たち ネタバレ
作者:榎本由美
1巻完結

 
こんにちは!
『ブスで処女な6人の女たち』を読みました。

 

タイトルからして
インパクトがある榎本由美さんの作品。

 

 

榎本由美さんの作品は虐待系など
他にも色々読んだことがありますが、
とにかく酷い現実が多いですよね。

 

 

この漫画も凄かったですね…。

 

 

『ブスで処女な6人の女たち』は
全部で6部作になっています。

 

・勘違いブス
・メンヘラブス
・ブスストーカー
・つきまとうブス
・こじらせブス
・デブスの努力

そのうちの、『勘違いブス~早くSEXしたい~』です。

 

 

この話もスゴイ話でしたね…。

 

 

とにかく、勘違いする女の人が…。

 

 

優しくされた、親切にされた…。

 

 

確信がないのに、私の事が好きなのかも?

 

 

そんな風に思ってアプローチする女の人の話です。

 

 

そのアプローチに仕方がすごい…。

 

 

留守電に、『愛している…』を連呼していれます。

 

 

これは、さすがに怖すぎるし、引きます…。

 

 

しかし、こんなことする女が、
『好きじゃありませんでした』と
伝えるだけで納得するはずもなく…。

 

 

ストーカーと言える行為に発展していきます!?
『ブスで処女な6人の女たち』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『ブスで処女な』と検索してください。
※登録無料

 

ブスで処女な6人の女たちのネタバレ(勘違いブス)

 

『私は男の人に愛されたことがないの…』

 

 

30代で眼鏡をかけて、ひとつ結び谷田。

 

 

どーみても地味で周りから見たら暗い女性がいたのです。

 

「すごいかっちょいい
営業マンが転勤してきたって」

 

 

そんな中、
社内は新しい営業マンのことで
もちきり。

 

 

『私には関係ないわ』

 

 

そう思っていた谷田ですが…。

 

 

『なんて素敵な人…』

 

 

転勤してきた林を見て、
そう感じるのでした。

 

 

「弱ったなこれ明日までに打ち直さないと
いけないんだけど…」

 

 

林がなんだか困っているようでした。

 

 

他の社員はすでに帰宅していて谷田だけが
そこに残っていたのです。

 

 

「…やりましょうか」

 

 

困っている林を手伝うことにした谷田。

 

 

「どうですかお礼に食事でも」

 

 

助けてくれたお礼に林は谷田を食事に誘います。

 

 

『こんな…初めてだわ…』

 

 

谷田は初めての男性の誘いが嬉しかった。

 

 

『何かお礼をしないとだわ』

 

 

そして、食事のお礼にクッキーを林に渡します。

 

 

また別の日は、お弁当を渡す。

 

 

「あなたに気があるんじゃないの?」

 

 

林には彼女がいました。

 

 

そして、谷田の様子を聞いてい、
気があるのではないか?

と言われます。

 

愛しているいの連呼電話!?女の勘違いはヤバすぎる?

「はっきり言わなくちゃダメよ」

 

 

彼女からは谷田の行為を断るように言われます。

 

 

林自体もただの社交辞令のつもりで、
谷田に親切にしたり、貰い物を
受け取ったりしていただけでした。

 

 

「こんばんは谷田です。
社員名簿をみて電話しました」

 

 

林の自宅にいきなり電話が…。

 

 

留守電にしていたので、
そのまま谷田は話を続けます。

 

 

「私の言いたい事留守電に入れておきます」

 

 

「愛しています」

 

 

「愛しています愛しています愛しています
愛しています愛しています愛しています
愛しています愛しています愛しています…」

 

 

とにかく愛していますを連呼する谷田。

 

 

その留守電を彼女と聞いていた林は、
固まってしまう。

 

 

その次の日、

 

 

「話があるんだけど…」

 

 

社内で谷田に声をかける林。

 

 

そしてドライブに連れていきます。

 

 

『あのさ昨日の電話…嬉しかった…』

 

 

林からキスをされます…。

 

 

そんな、妄想を林と一緒にいながらする、
谷田。

 

 

しかし、現実は…。

 

 

『あのさ…昨日の電話やめてくれない』

 

 

 

冷たくそんな風に言われるのでした。

 

 

現実と妄想が違った谷田。

 

 

その後、あり得ない行動を起こすように
なっていきます。

 

 

それは、まるでストーカー行為?

 

 

勘違いにも程があるというか、
怖い結末を向かるのでした。

 

ブスで処女な6人の女たちの感想(勘違いブス)

 

地味で暗い谷田。

谷田は男性に愛されたことがありませんでした。

 

 

そんな中、カッコイイ営業マン林が転勤してきます。

 

 

仕事で困っている林を谷田が手伝ってあげます。

 

 

そのお礼に2人で食事にいったのですが、
その日から谷田のアピールが始まる。

 

 

クッキー、お弁当を渡したり…。

 

 

そして告白するときは、
留守電に愛しているを連呼。

 

 

とにかく、引くような行動ばかりでした。

 

 

谷田は林と上手くいくと思っていたのです。

 

しかし、林はというとただの社交辞令。

 

 

林が自分に気が無いことを知った谷田は
異常な行動を起こすのです。

 

 

その行動は怖すぎる…。

 

 

『ブスで処女な6人の女たち』は
まんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『ブスで処女な』と検索してください。