ストーリーな女たち ブラックSNSで破滅した女 Vol.11のネタバレと感想【いいねが欲しい?子供を置いて遊びにいくママ】

ストーリーな女たち ブラック
SNSで破滅した女 Vol.11

 
「ストーリーな女たち ブラック
SNSで破滅した女 Vol.11」
を読みました。

 

そのうちの藤田素子さん作の
「”いいね”が欲しくて」です。

 

SNSが生活の一部のようになってきている現代。

 

依存症のように、

 

 

「いいねが欲しい…」

 

 

そんな風に思う人も少なくない。

 

 

中にはお金を払って”いいね”をもらう人もいる位
と聞いたことあります。

 

 

この漫画の主人公のママも
SNS依存のようなものでした。

 

 

いいねが1個もつかないとイライラしたり…。

 

 

家族の色んな出来事をSNSにアップする。

 

 

そして、その反響を見ていたのでした。

 

 

ママはもともとシングルマザーで、
しかも難病の2歳の女の子がいました。

 

 

初めはおばあちゃんの所で、
子供にとって幸せな暮らしをしていたはずなのに…。

 

 

再婚によって、
子供が犠牲になってしまう話です。

 

 

「面倒みれるから!
ちゃんと面倒みているから!」

 

 

そんなママの見栄で
3歳の女の子は衰弱しまったのです。

 

 

この話は2014年大阪府で起きた実話をもとに
描かれているから怖いですね…。

 

 

「ストーリーな女たち ブラックSNSで破滅した女 Vol.11」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「ストーリーな女たちブラック」と検索してください。

 

ストーリーな女たち ブラックSNSで破滅した女(いいねが欲しくて)のネタバレ

 

「結婚おめでとう」

 

智也21歳、夕美18歳二人は若くして結婚します。

 

 

「”エリカへ”俺はエリカの
パパになるって決めたんだ」

 

 

そして、夕美は未婚のシングルマザーで
2歳の女の子エリカがいたのでした。

 

 

そのエリカのパパになると決断してくれた
智也。

 

 

難病疾患があったエリカ。

 

 

智也の夢は、そんなエリカといつか手をつないで
歩く事。

 

 

と言っていたのです。

 

 

夕美の母親はそんなエリカのことが好きで、
覚悟を決めたくれた智也と夕美を
見守ることに決めたのでした。

 

 

『今日から柴田ファミリーのスタート』

 

 

自分の結婚式智也とエリカのツーショットを
SNSにアップする。
すると…。

 

 

「きたー”いいね”や」

 

 

「コメントもいっぱいや返信せな」

 

 

投稿を見た人から沢山の賞賛の声が…。

 

 

『ダンナ熱い!!』

 

 

『えらい!!』

 

 

その時は、幸せな家庭が築けると思っていたけど、
人の気持ちは常に変化していたのでした…。

 

 

それは智也の心境が…。

 

いいねが欲しい?子供を置いて遊びにいくママ

 

そんな夕美は昔から、SNSばかりをしていたのです。

 

 

エリカを妊娠した時も

 

 

『博の赤ちゃん産みました』

 

 

『だってふたりの赤ちゃん堕ろすなんて
できないよぉー』

 

 

出産すると、SNSにアップ…。

 

 

しかし、
エリカの父親は中学の同級生で
夕美の出産は望んでいなかったのです。

 

 

その後、博の母親から罵声の電話。

 

 

そんな夕美に母親は頭を抱えていたのでした。

 

 

「一生歩くことは難しでしょう」

 

 

エリカの難病を告げられる。

 

 

『キュッ…キュッ』

 

 

エリカの鼻につけている
チューブに絵を描く夕美。

 

 

そして、写真を撮ってSNSにアップします。

 

 

「ほら”いいね””チューブかわいい”って」

 

 

そんなコメントを嬉しそうな顔で
眺めていました。

 

 

「約束あるんやもん」

 

 

10代の出産ということで、
保健師がついていました。

 

 

そして、エリカがいるのに、
身軽にも外へ遊びにいってしまう夕美ママ。

 

 

夕美の代わりにエリカの面倒を見ていたのが
母親だったのです。

 

 

この時から、
夕美とエリカは虐待リスクのチェックリスト
入っていたのでした。

 

 

実の子がやっぱり可愛い…。エリカは邪魔者に?

 

「支給額月3万も減らされるんやで」

 

 

エリカは順調に成長し始め、
障害等級が1級から4級に。

 

 

そして、支給額も減らされます。

 

 

夕美はそのことを残念がるのでした。

 

 

エリカが無事成長できて、
良い方向へ進んでいたかと思ったら、
その時から、智也の様子も変わっていくのでした。

 

 

それは、実の子真沙也が産まれたことで…。

 

 

「エリカと手つないで
お出かけすることが夢って」

 

 

智也が結婚式に言っていた言葉。

 

 

その時は本当にそう思っていた。

 

 

しかし、実の子が生まれたことで、
「実の子」と「血がつながってない子」が違うことに
心が苦しめられるのでした。

 

 

「たまにはエリカ預かってあげようね」

 

 

血のつながった子のほうが可愛いのは
当たり前だから…。

 

 

そういって、夕美の母親はエリカを預かると
話します。

 

 

しかし、夕美が

 

 

「智也はそんなん違うわ」

 

 

と母親に激怒。

 

 

『エリカのパパ頑張ってます』

 

 

智也がエリカと真沙也一緒に写っている
写真をSNSにアップ…。

 

 

夕美にとって智也が
血のつながらないエリカをかわいがる。

 

 

それが、
智也から愛されている証だったのです。

 

 

そこから、何かが狂い始めます。

 

 

エリカは次第に夕美の見栄からの
虐待の渦に巻き込まれていくのでした。

 

 

ストーリーな女たち ブラックSNSで破滅した女(いいねが欲しくて)の感想

 

 

未婚シングルマザーの夕美。

 

 

難病疾患のあるエリカという娘のママでした。

 

 

そんな、夕美達のすべてを受けて入れ、
智也は夕美と結婚。

 

 

そして、3人の新しい生活が始まるのでした。

 

 

一生歩くことが難しい。

 

 

そんな風に言われていたエリカ。

 

 

しかし、歩けるようにまで成長していきます。

 

 

良い方向へ進んでいるかと思っていたのに、
実の子が生まれて智也の心境が変わっていく…。

 

 

そして、障害等級も1級から4級になって、
支給額が減らされたことで夕美はおもしろくない。

 

 

『柴田ファミリーは
エリカが幸せの中心じゃなきゃいけない』
そんな見栄から、
母親にもエリカの面倒を見てもらうことも
出来ずにエリカは虐待を受けるようになっていくのでした。

 

 

『ストーリーな女たち ブラックSNSで破滅した女』
はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
まんが王国はコチラです。
『ストーリーな女たち ブラック』と検索してください。