美醜の大地 19話のネタバレと感想【進司を絢子の元へ?サチの行くべき道とは!?】

美醜の大地
~復讐のために顔を捨てた女~
作者:藤森治見

 

こんにちは!
美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~19話です。

 

敏江に脅されているサチ。

 

その行く末が気にある所です…。

 

 

どんどん、敏江の復讐に巻き込まれていくサチ。

 

 

幼い息子進司のためにも、
まっとうな母親になろうとしていたのに、
ドンドン過去の出来事をキッカケに(ハナをイジメていたこと)
その復讐に巻き込まれていきましたね。

 

 

そして、サチが行きついた場所は、
まさにあのヤバい場所だったのです。

 

 

そこは…。

 

 

『美醜の大地』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『美醜の大地』と検索してください。
※登録無料

 

美醜の大地19話のネタバレ

 

『おまえは絶対守るからね』

 

サチは幼い息子進司を守りたいと思っていました。

 

しかし、敏江と出会って進司の身の危険は更に増していきます。

 

『また戻ってきてしまったこの街に』

 

 

そこは、サチが逃げたあの絢子がいる街。

 

 

白石の変な性癖に付き合わされたあの仕事を
思い出します。

 

 

「おかあしゃん」

 

 

「どこいくの?」

 

 

進司はサチを見上げて、
そんな質問をします。

 

 

そして、進司は祖母が亡くなったことも
知らない。

 

 

「…どこへ?」

 

 

敏江は急いでどこかへ行こうとしている。

 

 

どこへ行こうとしているのか聞いてみると。

 

 

「絢子さんの屋敷」

 

 

サチがあの白石と拷問のような遊びをした
場所へ行こうとしていたのでした。

 

 

サチは顔色をかけて、震えだす…。

 

 

「いけない…私…いきたくない…」

 

 

その様子を見た敏江は、
じゃああの綿貫という記者のところへ
行ってきて欲しいと話します。

 

 

そして、

 

 

「こっちはわたしが預かるわ」

 

 

敏江は進司の手を引いて、
絢子の家に連れていきます…。

 

 

あの絢子の家に…。

 

 

考えただけでも恐ろしい!

 

 

進司も涙を浮かべてポロポロ泣いていました。

 

 

そして、ハナはハナで綿貫と…。

 

美醜の大地19話の感想

 

敏江の復讐に巻き込まれていくサチ。

 

 

ついに、あの絢子の屋敷がある街に再び戻ってきます。

 

 

敏江はどこへ行くのかというと、
絢子の屋敷。

 

 

サチは白石とのあの拷問のような光景が
頭をよぎります。

 

 

そして、どうしても行きたがらないサチに
記者の綿貫に会うよう話す。

 

 

その代り、進司はおとりにとられて、
絢子の家に…。

 

 

進司は…。

 

 

 

そしてサチもどんどん
ヤバい状態に堕ちていきます。

 

 

「美醜の大地」はまんが王国で先行配信をしています。

1話150円なので良かったら読んでください。

登録も無料です。

 

まんが王国はコチラです。
「美醜の大地」と検索してください。