17歳の塔1巻のネタバレと感想【女子高生グループのハバツ?転落する美女子!?】

17歳の塔
作者:藤沢もやし
10巻完結

 
こんにちは!
「17歳の塔」1巻を読みました。

 

この話ハマりますね…。

 

 

学校を通っていれば誰もが
この雰囲気に気が付かないわけがない。

 

それは、格差だったりハバツです。

 

「ここの女子チームが一番目立つ」

 

「ここの女子チームは大人め…。」

 

 

など、学校のクラス中でも格差があるのです。

 

 

この17歳の塔は、女子高が舞台。

 

 

女子高だから怖いのでは!?

 

 

と感じるけど、
決してそういったイジメとかじゃなくて、
転落する事態を自分で招えてしまった美女子の話です。

 

 

「どーみても学校では私が1番可愛い」

 

 

そんな風に思っていた美女子は、
イモのようなトロい女をパシリのように
使っていました。

 

 

それは、イジメではなく、
その子が好意でその美女子に
近づいてきていたらそれだけで幸せだったのです。

 

 

しかし、この美女子はプライドが高くて、
やっぱりイモのような女の子を見下していて…。

 

 

それが原因で転落していきます…。

 

 

「17歳の塔」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>Book Live!
「17歳の塔」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

17歳の塔の1巻ネタバレ

 

「やっぱ美人だねー」

 

「うわー髪キレー!羨ましい!」

 

 

高瀬リアは学校中の女子の憧れの的。

 

 

美人でオーラがあってモデルのオーディションを
うけているほど。

 

 

『あたしもあたしの事だーーーい好き!』

 

 

リア自身も美人な自分が大好きでした。

 

「二次審査までいって今度が三次審査…」

 

オーディションのことを皆に自慢するように
話すリア。

 

 

女子高でもあるから、
男子からチヤホヤされる機会もない。

 

 

『この社会で私が一番上にいる』

 

 

だから、わずらわしい嫉妬などもないし、
リアにとってはとても居心地のいい環境で
過ごしていたのでした。

 

 

あの時までは…。

 

女子高生のハバツ?転落する美女子!?

「買ってきたよ!高瀬さんの大好きな
フルーツサンド」

 

リアに憧れているという、
小田嶋さん。

 

 

リアの好きなフルーツサンドを買ってきてくれます。

 

 

それは、好意で買ってきて、
決して頼まれているわけではありません。

 

 

いつもニコニコしている小田嶋さん。

 

 

リアはその小田嶋さんを見下していたのです。

 

 

それは、あなたと一緒にいてあげるのだから、
リアを一番に考えて当然でしょ!?

 

 

といった感じで…。

 

 

ある日小田嶋さんをリアが誘うと…。

 

 

「しばらく放課後生徒会のほうに
顔を出さないといけなくなったんだ」

 

 

「昼休みはバレー部の
吉見さんたちとサーブ練習するんだ」

 

 

リアの誘いを断ります。

 

 

すると、

 

 

『せっかく私が誘ってあげているのに』

 

 

そんな風にリアは小田嶋さんに
イライラし始める…。

 

 

イモ女子を誘っているのだから、
私の誘いを断るな!

 

 

みたいな感じで、
そして、

 

 

「小田嶋と一緒にいてもつまんないから…」

 

 

そう一言いいのこすと、
その日から小田嶋をハブにするようになります。

 

 

今まで、
一緒に食べていたお弁当も小田嶋さんは
外されて、1人で食べるようになります。

 

 

そして、小田嶋さんは学校を欠席するように
なるのですが…。

 

 

そのまま学校へ
来なくなるのかと思っていたら、
カッコイイ車に乗って学校へやってきます。

 

 

それは、彼氏の車から降りてきた小田嶋さんだったのです。

 

 

彼氏が出来た小田嶋さんを見て、
リアは…。

 

 

17歳の塔1巻の感想

女子高に通うリア。

 

リアは美人で学校中の女子たちから、
憧れの的でした。

 

 

クラス替えがあって、
小田嶋さんというちょっとトロい女子と
仲良くなったリア。

 

 

しかし、リアはそんな小田嶋さんを
パシリのように使って見下していたのです。

 

 

小田嶋さんは憧れのリアと一緒にいれる
ことで幸せだったのです。

 

 

ある日、小田嶋さんがリアより他の人の
予定を優先にします。

 

 

すると、リアは小田嶋さんをグループから
外すようになっていきます。

 

 

その日から小田嶋さんは学校で
1人に…。

 

 

学校も休みがちになって、
もう来ないのかと思っていたら、
カッコイイ車に乗って登校してきます。

 

 

彼氏が出来た小田嶋さんを見た
リアは益々イライラしてきて…。

クラスの中でもグループの格差。

そして、そのハバツに描かれていて、
怖い話です。。。

 

 

「17歳の塔」はBook Live!で
1巻108円で読むことが出来ます。

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

Book Live!はコチラです。
「17歳の塔」と検索してください。