おばさんSNS炎上のネタバレと感想【吐きそうなくらい気持ち悪い女!?匿名を利用しないリスクとは?】

おばさんSNS炎上
1巻完結

 

こんにちは!
『おばさんSNS炎上』を読みました。

 

この漫画は全部で5部作になっています。

・彼女の本当
・ステキなママ
・幸せ選び
・気持ち悪い女
・意地悪なレシピ

 

そのうちの『気持ち悪い女』の話です。

 

「職場などで、
変な女性を見かけたことありませんか?」

 

 

私も一度は、職場で見かけたことあります。

 

 

この漫画で出てくる女性は、
かなり気持ち悪い…というか、勘違い女です。

 

 

それは、周りから嫌われているのに、
自分は好かれている。

 

 

とか、

 

 

本当は気持ち悪くて皆が嫌がっているのに、

 

 

「私が綺麗だから皆からひがまれている」

 

 

とか思っている女性なのです。

 

 

周りからは見れば

 

 

『はぁ~!?』

 

 

と思うような発言や行動。

 

 

その行動は目にあまる…。

 

 

初対面の女性に根掘り葉掘り、
プライベートの話を聞き出したかと
思ったら…。

 

 

嫌味を言ってみたり…。

 

 

『自分から聞き出しておいて、
嫌味かい!?』

 

 

しかし、
場の雰囲気が悪くなっても、
浮いていることに気が付かないその女性。

 

 

そして、
その行動はダンダン
エスカレートしていくのでした。

 

 

それはその女性のことを考えると、
吐きそうなくらい気持ち悪くなる!?

 

 

『おばさんSNS炎』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『おばさんSNS炎上』と検索してください。
※登録無料

 

おばさんSNS炎上のネタバレ(気持ち悪い女)

 

『私は本当に…あの女が考気持ち悪くて
吐きそうでした…』

 

 

花本里穂43歳。

 

 

手芸教室を自宅で開いていました。

 

 

そして、沢田ナルという女性と出会うことに…。

 

 

里穂は自分の作った作品を、
SNSに投稿したり、ネットオークションに
出品していました。

 

 

手芸教室は友達同士が集まる口実のようなもので、
和気あいあいとして良いものだったのです。

 

 

『いいなー私もリリアンのお家いきたい
県内ですよね』

 

 

里穂がSNSに投稿するたびに
コメントをくれる、ナイトさん(アカウントネーム)

 

 

ある日、

 

 

「やった売れてる」

 

 

オークションに出品していた
商品が売れていました。

 

 

そして、
匿名にせず、里穂の住所をそのまま書いて、
落札者に送付したのです。

 

 

その時は、自分の住所を落札者に
教えることがこんなに危ないこととは、
思ってもみませんでした。

 

 

のちのち落札者に自宅の住所を教えたことで、
里穂はトラブルに巻き込まれていくのです…。

 

吐きそうなくらい気持ち悪い女!?匿名を利用しないリスク?

 

「近所ですね!遊びにいってあげましょうか?」

 

 

オークションで落札した相手は、
ナイトさんだったのです。

 

 

そして、住所が近いことから、
遊びに行くとまでコメントしてくる。

 

 

会ったこともないのに、
だんだん、なれなれしくなっていきます。

 

 

『なんだろう気持ち悪い人だな…』

 

 

里穂が自宅を出て、
車に乗り込むと、ずっと里穂を見ている
女性がいました。

 

 

「教室知り合いを連れてきてもいい?」

 

 

手芸教室に通う気の知れた小川さんなら、
いいだろう。

 

 

そう思っていたのですが…。

 

 

「はじめまして沢田ナルです」

 

 

パート先で一緒とのことで、
小川さんが連れてきた相手は、
なんと、ナイトさんだったのです。

 

 

「里穂ちゃんって想像通りかっわいー」

 

 

初対面でいきなり抱きついてきます。

 

 

「夫の親にお金だしてもらって別居だなんて
上手いことやったわね~」

 

 

「そのうち絶対同居になるよ~」

 

 

「小姑がふたり!!いじめられてるでしょ!?」

 

 

初めて手芸教室に来たその日に、
プライベートの事を根掘り葉掘り聞いてくるナル。

 

 

そして付き合いの長い
ママ友にしか話さないことを、
ナルに聞かれたから娘の話をすることに…。

 

 

すると、

 

 

「子供の話で幸せ自慢
やめてくださいよ~」

 

 

「自慢できる自分がない主婦が
虚勢張っている感じで痛々しいですよ~」

 

 

バカにしたように話します。

 

 

自分から子供の話を聞いておきながら、
里穂を”イタイ主婦”と話すナル。

 

 

そんなナルの態度に教室の雰囲気も
一気に悪い感じに…。

 

 

しまいには、

 

 

「私と一緒に上を目指そう!」

 

 

と里穂の作品をもっと高く売ろう!
とまで提案してきます。

 

 

その日はナルの会話で
作品を作るどころじゃなく、
その日の教室は終了。

 

 

ナルを連れてきた小川さん。

 

 

教室初日の様子を見て
もう、ナルは連れて行かないと話します。

 

 

職場でもナルは嫌われ者で、
お世話をしていたら、なつかれて…。

 

 

と小川さんは話していました。

 

 

しかし、

 

 

「こないでってレス入れたのに
話通じてないんだけど」

 

 

SNSから里穂にコメントするナル。

 

 

そのことを、小川さんに相談します。

 

 

すると…、ナルの住んでいる職場の寮から
里穂の自宅まで10kmはあると話す小川さん。

 

 

車も持っていないし、
交通の便が悪く、乗り継がないといけないと、
いいます。

 

 

ナルはケチだから、
行かないと思う。

 

と話していました。

 

 

「遊びにきてあげたわよー」

 

 

しかし、
ナルはママチャリを使って、
里穂の自宅に遊びに来たのです。

 

 

始めはやんわり断っていたのですが、
度々ナルが遊びに来るので、
きっぱりと断り始めます。

 

 

それでも嫌がられていることに気が付かないのか、
ナルは何度も里穂の元を訪れる。

 

 

更に、
その行動はダンダンエスカレート
していきます。

 

 

それは気持ち悪いくらいに…。

 

おばさんSNS炎上の感想(気持ち悪い女)

 

自宅で手芸教室を開いていた里穂。

 

 

そして、
自分の作品をSNSに投稿したり、
ネットオークションに出品していました。

 

 

そんなSNSの投稿にいつもコメントをくれる
ナイトさん。

 

 

ある日、ネットオークションからも
商品を購入してくれたのでした。

 

 

商品を送付するとき、
匿名で出さずに、自宅の住所を
書いて送る里穂。

 

 

それがキッカケで、
小川さんを通じて教室へ来るようになります。

 

 

沢田ナル(ナイト)と名乗る女性は、
初めての教室なのに、根ほり葉ほり里穂の
プライベートを聞き出し、ケチをつける。

 

 

教室もお断りしているのに、
その後も何度も里穂の自宅へやってきます。

 

 

最初はやんわり断っていた里穂だが、
キツク断るようになっていきます。

 

 

しかし、
ナルはそれでも里穂の自宅へ
訪れる。

 

 

その行動は、ダンダン異常なほど
気持ち悪くなっていくのでした。

 

 

「おばさんSNS炎上」はまんが王国で
読むことが出来ます。

 

登録無料で無料お試し読みがあるので、

良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
『おばさんSNS炎上』と検索してください。