私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれてのネタバレと感想【親が子をバカにして育つとどーなる?】

私…女じゃない!?
でき損ないと呼ばれて
作者:藤田素子
1巻完結

 

こんにちは!
「私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれて」を
読みました。

 

この漫画本は全部で5部作になっています。

 

・私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれて
・消えて!お母さん
・悪魔の借金女
・姑怒りのバスツアー

 

そのうちの『私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれて』
の内容です。

 

この話も投稿による実話。

 

「こんな人もいるのか…。」

 

それは、子宮と膣が未発達の状態で大人になった娘。

のことを描いています。

 

 

親は子供が産めない娘を、
途中から”出来損ない”とバカにするようになります。

 

 

それが原因で、娘は…。

 

 

『私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれて』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『私女じゃない』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれてのネタバレ

 

「膣欠損?」

 

 

中学を卒業するとき、生理が来ない娘を連れて、
産婦人科に受診。

 

 

すると、
子宮と膣が未発達で、
子供が産めない体と判明します。

 

 

すると、両親は嘆く…。

 

 

「まともな親の幸せがもうないんだ」

 

 

娘 真喜子の人生設計まで作っていた父親は、
その紙をビリビリに引き裂きます。

 

 

そして、その日から真喜子への風当たりが強く
なっていくのでした。

 

 

呼ばれる名前は、”出来損ない”と言われるように…。

 

親が子をバカにして育つとどーなる?

 

産めない身体と知ってショックなのは真喜子自身だろうに、
両親はそれを馬鹿にするかのように言うのでした。

 

 

「とんでもない親不孝をしてしまった」

 

 

その日から真喜子は、
償いのつもりで両親の言うことを聞くように
なっていきます。

 

 

進学するはずだった高校は辞めて、
スグ就職。

 

 

子供が産めない人は、
進学する必要はないという父の考えからでした。

 

 

そして、
真喜子がダメだからと言って、
母親が45歳の時に妹を作ります。

 

 

真喜子は、家事に育児を手伝うだわされる。

 

 

「おまえがまともなら、
使わずに済んだ金だよ」

 

 

高齢出産で産後の肥立ちが悪い母。

 

 

悪い事象はすべて真喜子のせいに
なるのでした。

 

 

また、産まれた妹令子は発達が遅く
小学校へ入ってからは授業についていくのが
やっと。

 

 

そして、小学校へ行っても”おもらし”してしまう。

 

 

そんなことから
令子も、”ぼけこ”と
両親に呼ばれるようになっていきます。

 

 

令子が中学1年生になると、

 

 

「もう9時じゃないか」

 

 

夜遅くなっても帰ってこない令子。

 

 

真喜子が外に探しに行くと…。

 

 

交番近くで顔がボコボコの令子を見つけ。

 

 

下の方を見ると…。

私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれての感想

 

美人で成績もよく、
近所からも評判が良かった真喜子。

 

 

中学卒業まで生理が来ないから産婦人科に行くと、
”膣欠損”と判明し子供が産めない体と知ります。

 

 

そこから、両親は嘆き、
まるで自分の人生がダメになったかのように、
真喜子を責めるようになります。

 

 

そして、出来損ないとまで言わるように…。

 

 

その後、45歳で母が妹を出産し、
高齢出産ということもあって、
母や機嫌が悪い。

 

 

不都合なことはすべて真喜子のせいになるのでした。

 

 

妹は発達が遅く、小学校の授業についていくのも
やっと…。

 

 

妹も両親が願う子ではなかったのです。

 

 

妹の令子が中学1年生の時に事件が起こります。

 

 

それは…。

 

 

「私…女じゃない!?でき損ないと呼ばれて」
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『私女じゃない』と検索してください。