消えた子供(漫画)届かぬ叫びのネタバレと感想【1歳なのに円形脱毛症?大人に”いたずら”された悠くん】

消えた子供
~戸籍のない11歳少女餓死事件~
作者:まるいぴよこ
1巻完結

 

 
こんにちは!
『消えた子供~戸籍のない11歳少女餓死事件~』
の第2話の『届かぬ叫び』です。

 

この話かなり悲惨で読んでいて怖くなりました。

 

『人は…ここまで酷いことが出来るのか!?』

 

産まれたばかりの悠くん。

 

2歳半まで”いたずら”感覚で両親から、
虐待を受けていたのです。

 

2歳半で円形脱毛症になるほど、
ストレスを感じていたその生活とは?

 

ある時は、洗濯機にで回されて…。

 

ある時は電子レンジに入れられ。

 

電子レンジというのが、本当に怖かったです。

 

なぜなら、
生き物を電子レンジに入れて、
チンすると死んじゃうことを知っていたから。

 

以前に、お年寄りが、濡れた猫を乾かすために、
電子レンジでチンしたら死んでしまった。

 

という話を聞いていたことがあります。

 

人間を電子レンジに入れてチンするなんて。

 

どんな感覚なのかわかりませんが、
とにかく細胞的にヤバイのでは!?

 

と感じてしまいました。

 

 

父親からも母親からも愛されず、
異常な行為をされ続けた悠くんその結末は…。

 

 

『消えた子供~戸籍のない11歳少女餓死事件~』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「消えた子供 戸籍のない」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

消えた子供 届かぬ叫びのネタバレ

正弘はリエはラブホのベッドの上で愛しあっていました。

 

「俺女房と別れるよ」

 

正弘はそんな風に話す。

 

2人は子供が同じ幼稚園に通い、
そこで知り合います。

 

つまり、正弘とリエは不倫関係だったのです。

 

幼稚園のパパとママの不倫。

 

 

考えただけでも、
すごい関係…。

 

 

そして、2人は離婚し、
リエの子供を引き取って再婚するのでした。

 

 

リエは男の子と女の子2人いました。

 

 

そのうち、兄の健太くんだけ、
虐待をしていたのです。

 

 

そんな健太くんは、
小1の時に児童相談所で保護されることに
なります。

 

 

『男の子なんていらない』

 

 

リエはなぜか男の子を嫌うのでした。

 

 

いなくなった健太にせいせいしていたのです。

 

 

そして、リエは正弘の第1子女の子を出産し、
第2子に男の子を出産します。

 

 

その男の子の名前は悠くんと名付けました。

1歳なのに円形脱毛症?大人に”いたずら”された悠くん

 

「強姦未遂で逮捕なんて…」

 

 

夫の正弘は、
リエが悠くんを身ごもっている時に、
強姦未遂を起こします。

 

そのことから夫婦仲も悪くなります。

 

そして、
夫婦仲が悪くなったのは、
悠くんのせいにしていくのでした。

 

リエは男の子が嫌い。

 

 

正弘は夫婦仲を悪くさせた悠くんを
いたずら感覚から虐待へとエスカレートしていくのでした。

 

 

「悠っ!!何やってんのっ!!」

 

 

何もわからない悠くんは、
本をビリビリ破いてしまう。

 

 

リエは悠くんの頬を引っ叩きます。

 

 

「あああああん」

 

 

上のお姉ちゃん達より手のかかる悠くんに、
リエはイライラしていました。

 

 

『いうこときかないし』

 

 

『叱れば大泣きするし…』

 

 

心の中で悠くんの事を”バカ”と
呼ぶようになっていました。

 

 

そんな心の声が、
本当になり、正弘もリエも悠くんを
バカと呼ぶようになります。

 

 

そして、母親であるリエは悠くんの
お世話をロクにしなくなったのでした。

 

 

「ベッドに縛りつけたらいいんじゃね?」

 

 

正弘は悠くんの両手両足をひもでベッドに
縛り付ける。

 

 

それに同意したリエ。

 

 

「わああああー」

 

 

まだオムツも外れない悠くんは、
もちろん泣き叫びます。

 

 

2歳になった悠くん。

 

 

時には柱に縛り付け、
食パン1枚だけ与えて自分たちは、
外食へ行くことも…。

 

 

「アメやるよ」

 

 

正弘はそういうと、消臭剤の容器から、
丸い粒粒を取り出して悠くんの口に
入れる…。

 

 

「ゲボッ」

 

 

それを吐き出す悠くんが
汚いと回っている洗濯機に
入れます。

 

 

「ああーーああーー」

 

 

両手を出して助けを求める悠くん。

 

 

さらに洗濯機のスピードを上げて
回転を速めて回すと。。

 

『ガボッ』

 

 

溺れてしまうのでした。

 

 

それをニヤニヤしながら見ている正弘の
行為は更にエスカレートしていきます。

 

 

悠くんは正弘の顔を見ると、
何かされると思ってビクビクするように
なります。

 

 

「ひ…ひ…」

 

 

正弘の顔を見て怖がる悠くんに
ムカついた正弘は今度は電子レンジの
中に悠くんを押し込んで…。

 

 

『ピ』

 

 

スタートのスイッチを押すと…。

 

 

そんな、正弘とリエとの生活で、
悠くんはわずか2歳なのにいくつもの円形脱毛が
あったといいます。

 

 

そして、その行為は更にエスカレートしていきました。

消えた子供 届かぬ叫びの感想

 

子供が同じ幼稚園同士のママのリエとパパの正弘が不倫をし、
再婚します。

 

リエには男の子と女の子2人の3人がいたのですが、
そのうちの小学1年生の男の子だけ、虐待を受けていました。

 

 

幸いなことに、男の子は世間の目に留まり、
児童施設へ行くことになります。

 

 

正弘との間にできた第2子が悠くんとう男の子でした。

 

 

そして、またしても虐待が始まります。

 

 

リエは育児放棄し、
面倒を見ている正弘は悠くんを”いたずら”感覚で
虐待し始める。

 

 

それは、洗濯機にいれたり、消臭剤を食べさせたり、
電子レンジでチンしたり…。

 

 

その行為は異常というか、
見ていて怖くなる行為でした。

 

その様子を母親のリエは眺めているだけで、
止めることはなかったのです。

 

 

ダンダンエスカレートしていく正弘の
行為。

 

 

最後には…。

 

 

『人はここまで出来るのか!?』

 

と本当に恐ろしくなるような行為でした。

 

 

『消えた子供~戸籍のない11歳少女餓死事件~』
は、BookLive!で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『消えた子供 戸籍のない』で検索してください。