YESしか知らない女のネタバレと感想【鬼畜母?8歳の娘に3歳児の面倒を見せる】

YESしか知らない女
~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~
作者:黒木里加

 
こんにちは!
「YESしか知らない女
~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~」

 

『8歳の娘が3歳の弟の
面倒を見れるワケがない…。』

 

そして、何よりものすごーく悲しい気持ちになりました。

 

なぜなら、
食料だけ置いて、男の所に遊びにいくママに、

 

「イヤ!行かないで!」

 

ママに甘えただけで、
ものすごーい剣幕で怒るんです。

毎日のように3歳の弟の面倒を見て、
母親に甘えることすら許されない8歳児。

 

ママと一緒にいたいと思うのは普通のことだと
思うのに…。

 

子供の気持ちを考えたら、
切なくなってしまいました。

 

そんな、子供達の行く末は…。

 

「YESしか知らない女
~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「YESしか知らない女」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

YESしか知らない女~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~ネタバレ

 

「ママ…お腹すいた」

 

8歳の娘が何かを食べたいとお願いしてきます。

 

「めんどうクセーなぁ」

 

 

母親の大倉ユリカは、
レトルトのシチューを電子レンジで”チン”して
お姉ちゃんの華菜に食べさせる。

 

 

その器はまるで、
ペットに食べさせるような器。

 

 

そして、下の子3歳の息子が、
オムツを汚すと…。

 

「ご飯抜き」

 

 

と話します。

 

 

それは、食事をとらなきゃ出るもんも出ないだろう。

 

 

というスゴイ考え方だったのです。

 

 

「子供ってなんでこうも汚いのよ!?」

 

 

まるで母性もないユリカ。

 

 

「ママ出かけてくるから」

 

 

8歳児の華菜と3歳児の息子を置いて、
遊びに行ってしまいます。

 

鬼畜女?8歳の娘に3歳児の面倒を見せる母親

 

華菜に弟の面倒を見せていたユリカ。

 

 

住んでいる部屋はゴミが散乱し、
ゴミ屋敷のような所でした。

 

 

「またウンチかよ!」

 

 

オムツにウンチがしてあると、
丸めて窓の外に投げる。

 

 

「お庭でママにお花つんだの」

 

 

「だから怒らないで」

 

 

そういって華菜がお花を持ってくると

 

 

『ガツ…ドガッ』

 

 

ユリエは服が泥だらけになったことが
気に入らなくて華菜の頬を殴るのでした。

 

 

そして、外にも出れなくなります。

 

 

『ピルル…』

 

 

ユリエが遊びに行っていると、
何度も何度も子供から電話があります。

 

 

それに、
応えるたびにユリエは、
子供に怒鳴り散らす。

 

 

自分が遊べないことに、
イライラして子供に当たるのでした。

 

 

そして、外に遊びに行っている時に、
子供からの電話を無視するようになります。

 

 

部屋に残された子供達は、
母親の帰りを待っているのでした。

 

 

そして…。

YESしか知らない女~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~感想

 

育児が『面倒臭い』、『汚い』
と育児をほとんどしないユリエ。

 

 

そして、食事を部屋に置いて、
自分は男と遊びに出るようになります。

 

8歳の華菜に3歳の弟の面倒を見させて、
遊んでいると、華菜から何度も電話が
かかってきます。

 

 

そして、その度に遊びを中断することが、
気に入らないユリエは、子供に当たるのでした。

 

次第に電話を無視するようになるユリエ。

 

なぜこのような母親になったのか?
その生い立ちを読んでください。

 

『YESしか知らない女
~児童虐待死事件はなぜ起きたのか~』
は、BookLive!で216円で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『YESしか知らない女』で検索してください。