世間を騒がせた女の残酷事件簿鬼女の子守歌のネタバレと感想【不倫相手の子を隠したくてした話】

世間を騒がせた女の残酷事件簿
鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件
作者:桐野さおり
1巻完結

 

 

こんにちは!
『世間を騒がせた女の残酷事件簿
鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件』を
読みました。

 

表紙から怖い雰囲気をだしているこの漫画。

 

 

実話をもとに描かれているから、
読んでいて”ゾッ”としてしまいました。

 

 

それは、不倫を繰り返し妊娠。

 

 

そして、誰もいない所で出産し、
子供を産み殺す。

 

 

というなんとも残酷な話です。

 

 

『母親としての母性はないのか?』

 

 

と感じる所だけど、
そんな心の余裕もなかったのかもしれません。

 

 

不倫相手の子供だから…。

 

 

その数は、11人産んで6人は殺すという…。

 

 

本当に考えただけでも怖くて、
読む身震いしちゃいました…。

 

 

『世間を騒がせた女の残酷事件簿
鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件』
無料お試し読みはこちら
↓    ↓    ↓
>>>BookLive!
『世間を騒がせた女』と検索してください!

※登録無料・継続課金なし

鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件のネタバレ

 

『私はいつだって本気で愛しとったんや…!』

 

そんな風に本気でその都度不倫する相手を
本気で愛していた利美。

 

 

利美は16歳で初婚。

 

 

母親は利美を捨てた過去があり、
家族で生活した経験がありません。

 

 

そんな利美にとって家族と暮らすことは、
とても幸せなことでした。

 

 

そして、
結婚して10年の間に
4人の子供を出産します。

 

 

利美は寂しさを感じる余裕がないくらい、
毎日育児に家事と忙しい日々を送っていたのです。

 

 

毎日口うるさく言う義父。

 

 

子供の面倒を見てくれる義母。

 

 

そして、母親のように親しくなった近所のおばさん。

 

 

利美は母であり妻であり、
家庭をもって普通の生活を送っていました。

 

 

しかし、
長男のPTAの役員をし始めた時、
PTAの集まりで昼間だけではなく、
夜の飲み会に出席することになります。

 

 

『最初で最後…』

 

 

夜の飲み会は、
義母にも子供の面倒などで迷惑をかけるからと、
1回きりのはずでした。

 

 

しかし、利美はその飲み会で使われた
お店のマスターを好きになってしまいます。

 

 

そこから、
利美はマスターと恋に落ち、
次第にホテルへ行くようになっていくのでした。

 

 

「PTAの集まりだから…。」

 

 

と言っては、マスターとデートを繰り返すように
なります。

 

『ゲェー』

 

 

「おかーちゃん具合ん悪いん?」

 

 

苦しむ母親を見て幼い娘が心配します。

 

 

洗面台で嘔吐してしまう利美。

 
『……妊娠…している…』

 

 

なんと、
マスターの子を身ごもってしまうでした。

 

 

『どうしたらええんや…!?』

 

 

そんな利美は、
マスターの子を隠すために
ある事をし始めるのでした。

 

 

それは…。

鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件の感想

 

16歳で結婚した利美。

 

 

10年の間に子供を4人産み、
育児に家事と忙しい毎日を過ごしていました。

 

 

そんな中、
長男のPTAの役員を務めるようになり、
飲み会にも参加するようになります。

 

 

飲み会のお店でマスターと出会い、
利美は初めて恋に落ちるのでした。

 

そこから、
マスターとホテルでデートを重ね、
妊娠してしまいます。

 

 

そして、マスターの子を隠すために
利美は残酷なことを始めるのでした。

 

読んでいて怖くなる話です。

 

『世間を騒がせた女の残酷事件簿
鬼女の子守歌~嬰児6人産み殺し遺棄事件』
はBookLive!で読むことができます。

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『世間を騒がせた女』で検索してください。