声なきものの唄 4巻 15話ネタバレと感想【ヤエは死んだ?タカが帰国して家族にされた仕打ち】

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~
作者:安武わたる
4巻未完結

 

声なきものの唄15話ネタバレ

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~』4巻15話。

「身体を売って稼ぐ」

遠い異国の地へ売られたタカは、
からゆきさんと言われていました。

からゆきさんとは、外国で女郎をしていた人です。

そんな過酷な環境に置かれても、
その勤めに精進したタカ。

そして、
タカが日本へ帰国出来る日がきました。

『病弱だった妹のヤエに会える』

楽しみにしてタカが帰国。

その後、家族がした事があまりにも、
ムゴすぎる…。

「今までしてきたことは何なんだったんだ…」

そう思わざるを得ない出来事でした。

 

ヤエは死んだ?タカが帰国して家族にされた仕打ち

『ああ やっとヤエに会える…』

 

タカは家族に会えることを楽しみにしていました。

 

「広助!?あんた、まあ今日が婚礼やなんて」

 

タカが自宅へ着くと、
タイミングよく弟の婚礼が行われていました。

 

「戻ってきたんか…」

 

 

タカの顔を見るなり、
兄弟は嬉しがる所か、嫌がる顔をします。

 

「式には出んでくれるか」

 

兄の康吉がタカに広助の婚礼に出ないよう
言われます。

 

その理由は、

恥ずかしいからです。

 

からゆきのタカが「恥」だと言う態度を
とるのでした。

 

「からゆきやったからと」

 

「嫁の実家に顔向けでけんと…?」

 

タカの顔もこわばり声も大きくなります。

 

「残されたわしらだとてよう
陰口たたかれたわ」

 

兄たちの態度に愕然とします。

 

外国で味わった、

 

『みじめさ絶望』

 

『死んでしまうかと思った恐怖』

 

そして、男にはけっしてわからんと
悟のでした。

 

しまいには、

 

「ヤエは死んだよ」

 

ヤエはタカが異国へいって2年後病気で
亡くなっていたのです。

 

つまり、
ヤエが生きていると思わせて
タカからお金を受け取っていたのでした。

 

そんな、兄たちの仕返しに、
『外聞悪いことをもっとやろう!』と、
女郎屋をしようとしていたのでした。

 

波乱万丈な人生を送るタカ。

 

しかし、この後彼女にも幸せが訪れます。

 

それは、家族からもある人からも…。

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~』15話の感想

 

家族の為に異国の地で”身体を売って”働いて、
過酷な人生から抜け出せたタカ。

 

日本へ帰国したら家族から嫌な顔をされるなんて、
あまりにもムゴ仕打ちでした。

 

今までのタカの環境を考えると、
兄たちの陰口など、大したことない…。

 

そう感じます。兄たちはタカのお金で家を建て、
畑、田んぼを手に入れる。

 

なのに、
感謝の一言ないなんてヒドすぎます。

 

そんなタカにも幸せが、
波乱万丈の人生を送ったタカには
ピッタリの終わり方でとても面白かったです。

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~』4巻は、
まんが王国で先行配信をしています。

 

面白いので読んでみてください。

 

まんが王国はコチラです。
サイト内で『声なきものの』で検索が必要です。