天使の腐臭 12話のネタバレと感想【怜二が登場?本当の杏奈とは!?】

天使の腐臭
作者:長崎さゆり

 

こんにちは!『天使の腐臭』3巻の12話です。

 

ここであの時の怜二が登場するんです!

 

怜二と言えば、母親の彼氏。

 

つまり…杏奈を引き裂いた男。

 

女にした男です。

 

そんな怜二はなぜ杏奈を探しているのでしょうか?

 

そして、杏奈と怜二の再会してどーなるのか気になる所です。

 

 

『天使の腐臭 』無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『天使の腐臭』
※登録無料・継続課金なし

 

天使の腐臭 12話のネタバレ

 

「杏奈出てこい」

 

「俺だ怜二だ」

 

布団に入って隠れる杏奈に声をかける怜二。

 

修二は怜二達に手足を縛られ、
目もタオルでくるまれ見えない状態にされていました。

 

「…その子は私の娘だ」

 

なぜ杏奈と暮らしているのかを怜二が修二に聞くと、
そう話します。

 

娘と言う修二の言葉を怜二は信じない。

 

「何が目的でうちに侵入した」

 

修二は怜二にそんな質問をが怜二は流します。

 

杏奈が目的なことはわかっているけど…。

 

 

そして、財産をすべて渡すから
杏奈と自分にもう関わることをやめてほしいと
話します。

 

そんな修二に、

 

「先生…杏奈と寝たんだろ」

 

財産を手放してまで杏奈を守ろうとする
その姿は狂っていると…。

 

「おまえもこいつにイカれたんだな」

 

そんな言葉を残して、
怜二は杏奈をどこかへ連れて行ってしまいます。

 

修二もそうだけど、怜二も杏奈に想いがある
素振りをみせる…。

怜二も杏奈のことが大切なのだろうか?

 

天使の腐臭12話の感想

 

修二の自宅に侵入して、
修二の手足を縛り、目もタオルのようなもので、
縛る…。

 

「俺の娘だ…」

 

と話す修二に怜二は信じない。

 

自分が女にした杏奈を身体が忘れるわけがない…。

と話します。

 

そして、杏奈を連れ去るのでした。

 

財産をもらうために再び修二の所に戻ってきた怜二。

 

そこから、2人のやり取りが始まります。

 

それは…。

 

そして、
修二だけじゃなくて怜二も杏奈への想いが伝わります。

 

「天使の腐臭」はBookLive!で読むことが出来ます。

この12話は天使の腐臭3巻と分冊版(162円)で読むことができます。

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『天使の腐臭』で検索してください。