奴隷牧場 ネタバレと感想【目玉商品!?人を商品として扱う恐ろしい環境】

まんがグリム童話 奴隷牧場

 

こんにちは!
『まんがグリム童話 奴隷牧場 』を読みました!

 

「こんなおぞましい環境があるのだろうか…。」

 

「昔は、こんなことあったのかもしれない…。」

 

と奴隷にされるこの話を読んで怖くなりました。

 
その内容は本当にヤバくって、
足手まといになる子供まで殺害してしまう…。

 

つまり、商品にならない人はいらない。

 

という内容でした。

 

捉えられた奴隷達の中でもランク付けされて、
目玉商品は殺してはいけない。

 

輸送される船の中で、
その酷な環境に耐えられず自ら命を落とす人も
いるほどでした…。

 

その中で、商人達から上玉と呼ばれていた。

 

容姿が良くて10代の娘を主人公にした話です。

 

「まんがグリム童話奴隷牧場 」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「まんがグリム童話奴隷牧場 」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

まんがグリム童話奴隷牧場 のネタバレ

 

西アフリカ内陸地帯に住むテタ。

幸せに生活しているはずでした…。

 

しかし、花を摘みにいっていると、
村の方からスゴイ炎があがります。

 

あわてて村に帰ると、
村の人たちは縄で縛られ
両親は殺害されていました…。

 

小さな弟と妹は無事でテタに
泣きながら駆け寄ってきます。

 

「おぉっ上玉だ!」

 

テタを見るなり、村を襲ったものがそう話す。

 

「こいつらは足でまといだ」

 

海岸まで1週間も歩かないといけないから、
足でまといの幼い妹と弟はその場に残され、
そのまま銃を向けられます。

 

そして…命を落とすのでした…。

 

『…もう死にたい』

 

家族を殺され、
裸になって見定めされる…。

 

そして、
テタは輸送する船に乗り込むのでした。

 

死にたいと感じていたら、

 

「生きていればなんとかなる」

 

同じ船に乗っている女性がそんな風に
話しをしてきます。

 

その女性のおかげで、
テタはなんとか生きようと思うのでした。

 

船の中ではあまりの絶望で、
自殺をする者も多かったのです。

 

そんな女性も、
輸送船の中で病にかかり、
使い物にならないと、そのまま
海へ捨てられてしまう。

 

「さて本日の目玉商品」

 

そういって、テタは商人の前に立たされ、
売られていくのでした。

 

それは恐ろしい
ビジネスとして扱われていたのです。

 

まんがグリム童話奴隷牧場 の感想

幸せな生活をしていたはずの10代の女の子テタ。

しかし、村は襲われ村人は奴隷にされてしまいます。

 

そして、
足でまといになりそうな者はその場で
殺され、テタの妹や弟まで…。

 

輸送船に乗っているテタは、
絶望的なその環境に自ら命を落とそうと食事を
取りませんでした。

 

しかし、上玉商品ということで、
商人達が無理やりテタに食事を食べさせる。

 

そして
いよいよ商人に売れれていったテタは、
恐ろしいビジネス商品の1つとして売られていくのでした。

 

それは…。

 

『まんがグリム童話奴隷牧場 』は
BookLive!で読むことができます。

 
新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『まんがグリム童話奴隷牧場 』で検索してください。