愚者の皮 チガヤ3巻のネタバレと結末 最終話は感動?セキは?刈萱は?千茅は?

愚者の皮 チガヤ編
作者名 :草野誼
3巻完結

 

こんにちは!

ストーリーな女達シリーズの、
『愚者の皮 チガヤ編』です。

 

2巻まで読んで、時間が結構経ちましたが、
ついに3巻の最終回を迎えました。

 

この最終話を迎えてやっぱり一番気になるのが、
セキと千茅、そして、刈萱の関係です。

 

このストーリーを読んでいると、

『セキと千茅にずっと夫婦でいてもらいたい。』

という人と、

『刈萱と千茅が一緒になってもらいたい。』

 

という人に別れる気がします。

 

セキだけの想いを考えると千茅には、
ずっと妻でいて幸せになってほしい。

 

という想いもあるし、

 

刈萱と千茅のことを考えると、
誰にも奪うことも崩すこともできない固い絆。

 

がある気がします。

 

しかし、千茅が求めている人は、
2巻を読んだ人ならわかると感じますが、
あの人でしょうね…。

そして、
最後はどんな終わり方になっているのでしょうか?

 

男子から大人になった刈萱にも注目です!

『愚者の皮チガヤ編』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『愚者の皮』で検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

愚者の皮チガヤ編のネタバレと結末

 

『千茅は情欲などとは無縁の』

 

『汚れなき処女なのだから』

 

セキは仕事で家を留守にしていました。

 

そして、留守番をしている千茅は、
家の窓も閉め切って、家から一歩もでないように
してあると話すセキ。

 

その理由は、情欲を抑えるためでもあるようでした。

 

今まで、妻でもある千茅が情欲をもてば…。

 

特に千茅が望んだことでもないのに、
(兄に犯されたときのように)そういったことが
あれば酷い罰をセキから受けていた千茅。

 

それは、
まるで感情を縛りつけるかのような感じでした。

 

そんな中現れた、
刈萱とうい男子は千茅に”交叉”して
外の世界をみることができたのです。

 

結局、セキが仕事で家を留守にしていたかと思ったら、
帰宅して、千茅と刈萱が”交叉”しているのを
見られてしまいます。

 

そして、知らない誰かと話していることを
知ったセキは再び、千茅に罰を与えます…。

 

それは、得体の知れない液をかけて、
千茅の皮膚を火傷させるようにも見える…。

 

その拷問ともいえる、
罰は千茅をボロボロにしていきます。

 

「噴き出る体液のすべてをもって」

 

セキは塩を手にして思考できなくなるくらいの
痛みを及ぼす塩を千茅に刷り込むのでした。

 

それは、全身体液がでるほど…。

 

「なぜこの苦痛に耐えられる!?」

 

この苦痛に耐えられることに驚くセキ。

 

実は、”交叉”とは目に見えているものを
映しだすだけではなく、その痛みは刈萱に
まで伝わっていたのです。
だから、
千茅はその痛みにも耐えられたのかもしれません…。

 

最終話は感動?セキは?刈萱は?千茅は?

 

「会いにいきなさい本当の刈萱に」

 

夢に千茅のお姉さんが現れて、
そう教えてくれます。

 

そして、セキ自身も我が妻になる相手は、
千茅ではなかったのか?

 

と自分自身を見直すことをし始めるのでした…。

 

『彼の旅でもあるのよ』

 

そして、セキと一緒に千茅は刈萱に会うために、
旅にでるのです。

 

そこで、
セキは色んな人との出会い、試練で、
心が少しづつ変わっていきます。

 

始めは刈萱のお姉さんに…。

 

そして、初めて会う刈萱と千茅。

 

『あ~やっと会えたね』

 

という2人の想いは読んでいて伝わるほどです。

 

今まで色々あったセキと千茅ですが、
最後はとても良い終わり方をしています。

刈萱と千茅の初対面と、
最後の感動はご自身で読んでほしいと感じます。

文章では伝わりずらいので…。

 

そして、セキ自身も運命の人と出会うのです。

その人は…。

『愚者の皮チガヤ編』はBookLive!で読むことができます。
新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『愚者の皮』で検索してください。