ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~のネタバレと感想【ブランド品に目がない女?その結末は!?】

ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~
作者:宮崎明子
1巻完結

 

こんにちは!
『ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~』
を読みました。

この漫画は5部構成になっています。

・ブランド天国
・ブスで婚勝つ!
・ご注意!踏み倒し女
・警告!居座り女
・ロリ姫、迷走!

ストーリーな女たちシリーズは実話を元に
描かれているから、

 

「こんな人もいるかもしれない…」

 

そんな風に今回は読んでいました。

 

今回は、『ブランド天国』の話です。

 

「ブランド品に目がない女」

 

ブランドが大好きな摩美の話です。

 

ブランド大好きというより、
ブランドを購入した優越感に浸るのが好きな女性の
話です。

 

『ブランドバックを
手にしていると皆が見ている』

 

ブランドを手にしていると、皆が注目してくれる。

 

そんな意味でブランド品を
買うことがやめられない摩美。

 

『ブランド品が買えるなら
お金があるのでは!?』

 

そんな風にも感じるけど、
摩美の現実は違っていたのです。

 

『ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『ブスで婚勝つ』で検索してください。

※登録無料・継続課金なし

 

ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~のネタバレ

 

「摩美は安いものって似合わないのよ」

 

咲江と同じスーパーに勤める40代の摩美。

 

出勤してくるその手には
ブランドバックを手にしていました。

 

そして、そんな事を話す。

 

「10万ちょっとくらいです」

 

ブランド品に興味をもった、
同じ職場の人に摩美の持っている
ブランドバックについて話します。

 

「やだこれヒレカツじゃなーい」

 

職場の人と一緒にお昼を食べていると、
摩美のお弁当はいつも豪勢で美味しそう。

 

どーやら母親が作ってくれているようだが、
嫌いなものがあると、弁当は食べずに、
お惣菜を買いにいっちゃいます。

 

その姿は少し、ワガママにも見えます。

 

父親のいない摩美。

なのに、
ブランド品を何個も買えるってことは、

 

『きっと相続遺産でもあるのか!?』

 

という職場の人との間で噂になっているのでした。

 

「ついに買っちゃいました」

 

また別の日には64万円もするブランドバックを
会社に持ってきて皆に見せびらかす。

 

「さてと仕事」

 

「ったくなんだよあれ」

 

そんな、
ブランドばかりを購入しては見せびらかす
摩美に皆もだんだん愛想つかしていきます。

 

「それほんとうすてきよ」

 

その中でも咲江だけは摩美の話にのると…。

 

「持っていると特別って感じ」

 

目を輝かせ、
ブランドのことについて
本当に楽しそうに話します。

 

そして、話の流れで次の休日咲江は
摩美も自宅へブランド品を見に行くことに
なるのですが…。

 

ブランド品に目がない女?その結末は!?

摩美の自宅はひと昔前の古びたマンションでした。

 

「この子のことよろしくお願いいたします」

 

摩美の自宅へいたのは、
地味なお母さん。

 

その姿は謙虚な感じがします。

 

摩美の部屋に入ってみると、
乱暴に積み重なったブランドの数々…。

 

「あー私ってやっぱり特別なんだなって」

 

摩美はバブル時代、ブランドが飛び交っていた時のことを
話始める…。

 

その姿はとても楽しそうです。

 

「ブランド品もっていると皆摩美をみるのよ」

 

特に彼女がブランド品を買うことは、
自慢でもなんでもなくただ、その優越感に
至りたいだけのようにも見えるのでした。

 

『それは瞬間の幸せ』

 

ブランド品を持つことは、瞬間の幸せでもあるけど、
すぐに色合わせる幸せでもありました。

 

咲江はブランド品から得る幸せは
とても危ないようにも感じていたのです。

 

「今 事務所に連絡が…そのお母さんが」

 

別の日摩美の母親は
心筋梗塞で亡くなってしまいます。

 

「皆のお香典でこれ買ったんだ」

 

1週間休んでスーパーに出社すると、
会社の人からもらったお香典でブランドのキーケースを
購入していた摩美。

 

そして、その母親の死から、
摩美の生活はダンダン変化していきます。

 

ブランド品を買うことをやめられない摩美。

 

ブランドに依存しているようにも見える姿。

 

その結末は…。

 

ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~の感想

ブランドに目がない摩美。

 

同じスーパーで働く同僚にブランド品を
見せびらかします。

 

始めは皆興味をもって話を聞いていたけど、
度重なる自慢で、皆は愛想つかしてしまう。

 

その中でも咲江だけは摩美の話を
聞いていました。

 

ある日、
摩美の自宅へブランド品を見に行くことに
なった咲江。

 

摩美の自宅は、
一昔のマンションで摩美の部屋には
ブランド品が乱暴に置かれているのでした。

 

ブランドを見に付けることでの優越感。

 

摩美はそれを得たいかのように
ブランド品を購入しているようにも見える。

 

その幸せは一瞬でとても危ないものでした。

 

母親が亡くなっても
ブランド品を買い続ける摩美。

 

その姿はブランド依存?とまで感じる姿で、
ブランド品を買わずにはいられない
その心境は怖さすら感じました。

 

『ブスで婚勝つ!~人は見た目じゃない!?~』
はBookLive!で読むことが出来ます。

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
登録無料で継続課金もありません。

 
良かったら読んでください。

 
BookLive!はコチラです。
『ブスで婚勝つ』で検索してください。