美醜の大地 15話のネタバレと感想【白川の想い?絢子にキスされたことで…気が付いたこと】

美醜の大地
~復讐のために顔を捨てた女~
作者:藤森治見

 

こんにちは!
美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~15話を読みました。

 

この15話は、絢子の婚約者白川の話です。

 

白川と言えば、へんな性癖があって、
とにかく精神的に狂っているとしか思っていませんでした。

 

しかし、
この15話を読むと、白川は意外と普通の人なのだと
言うことがわかったのです。

 

その訳は、絢子を本気で愛しているということ。

 

階段から落ちた絢子を守ったことで、
左目を失明してしまう白川。
左目を失ったことで絢子の深い闇に気が付くのでした。

 

『美醜の大地』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
『美醜の大地』で検索してください。

 

美醜の大地 15話のネタバレ

 

「失明…!?」

 

白川の両親は、息子の左目を失明したことを知って、
ショックを隠し切れない…。

 

階段から突き落とされた絢子を守った時、
階段の手すりに目をぶつけ失明してしまうのでした。

 

「なぜこんなことに…」

 

絢子との結婚も間近、
息子の幸せもすぐそこまで来ていたのに…。

 

白川の両親は涙を流して悲しみました。

 

「お母さんがあーんしてあげるわ」

 

過保護すぎる母親は、失明した息子にそんな言葉を
かける。

 

「ふたりにしてやろうじゃないか」

 

絢子が白川の部屋を訪れると、
父親がそんなことを話します。

 

スゴイ目で絢子をにらみつける母親。

 

その目は絢子に敵対心を抱いているような
目でした。

 

白川の想い?絢子にキスされたことで…気が付いたこと

病院のベッドで夜、横たわる白川。

 

その姿は興奮していた…。

 

それは、

『未だかつて一度も触れることを許さなかった
あの絢子さんが』

 

『自分から僕に口づけを』

 

絢子は白川の失明した左目にキスをする…。

 

左目にされた包帯をほどき、
涙が止まらない…。

 

『少し事情が違うのかもしれない』

 

そして、
今までしてきた絢子のしてきたことを
振り返える。

 

『彼女が他人に触れさせない
理由はなんだろう?』

 

そんな事まで考え始める。

 

そして、
絢子のことを何もしらないことに
気が付いたのでした。

 

絢子がそんな風になったのはなぜなのか?

 

それは誰なのか?

 

そして白川は…。

 

美醜の大地15話の感想

絢子を助けるために、左目を失明した白川。

そして、
左目を失ったことで絢子の深い闇に
気が付くのでした。

 

『絢子がなぜ人に触れさせないのか?』

 

『絢子の笑った顔はどんな顔だろう?』

 

『絢子に悲しみを植えたのは誰なのか?』

 

白川は、
ただのおかしな人だと思っていたら、
深い感情で絢子を愛していることに、
気が付いた話でした。

 

以外な白川はかなりの見どころです。

 

『美醜の大地』15話は、
まんが王国で先行配信しています。

 

無料お試し読みもしているので、
良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
『美醜の大地』と検索してください。