身内が憎くてたまらない~崩れゆく家族~のネタバレと感想【兄夫婦と姑に財産を食い尽くされる?】

身内が憎くてたまらない
~崩れゆく家族~
作者:伊藤繭子
1巻完結

 

こんにちは!

『身内が憎くてたまらない~崩れゆく家族~』を読みました。

 

『旦那さん家族に財産を取られる?』

 

内容的にはそんな感じです。

 

読んでいると、
兄夫婦と姑にイライラしてしまいます。

 

犠牲になるのは弟夫婦です。

 

たとえ兄弟だとしても、限度があります。

 

もともと他人だった、
お嫁さんまで巻き込むのはちょっと…。

 

と同じ嫁の立場からしたら、あり得ないかな?

 

と感じた漫画のストーリー展開でした。

 

兄夫婦が経済的に大変だから…。

 

という理由で助けていた弟の嫁でしたが、
実際兄夫婦の家にいって衝撃的な事実をしるのでした。。。

 

こんな義兄弟や姑がいたら、いたらいやですね~。

 

『身内が憎くてたまらない~崩れゆく家族~』
無料お試し読みはこちら
↓    ↓    ↓

>>>BookLive!
『崩れゆく家族』と検索してください!

※登録無料

 

身内が憎くてたまらないのネタバレ

「箱根かぁ久しぶり」

 

「どうする?向こうでレンタカー借りる?」

 

希美子は箱根の旅行にウキウキしていました。

 

すると…。

 

「ごめん!希美子 実は…」

 

慎二の兄が
リストラにあい経済的に苦しいと話します。

 

そして、旅費を兄夫婦に渡したと…。

 

『でも…仕方ないか』

 

そんな兄夫婦の事情を聞いて、残念だけど、
仕方がない…。

 

家族同士支え合わないと…。

 

そう希美子は感じていました。

 

「坂本さん今日もお弁当?」

 

パート先のおばちゃんにそう聞かれる。

 

希美子は兄夫婦を助けるために、
なんとか夫の給料でやりくりをしていました。

 

『義兄は引きこもりに…』

 

最初は職を探していた義兄だったが、
だんだん引きこもりになっていったのです。

 

『足りないなぁ』

 

『今月また貯金持ち出しか』

 

3ヶ月もたった時、
希美子は家計簿を見てため息をつく…。

 

兄夫婦と姑に財産を食い尽くされる?

『こんな大きな家だっけ』

 

希美子が兄嫁の聖子の所に訪ねると、
その大きさに驚く。

 

「お義母様がお待ちよ」

 

希美子が来ると聞いて、
義母も聖子の家を訪れていたのでした。

 

そして、

 

『うちにはない高そうなものばかり』

 

なんと、家の中は高級家具や電化製品。

 

希美子は聖子の家にある色んな物が
目についてしまいます。

 

「少し高かったけどネットで取り寄せたの」

 

聖子が出してきたのは高級なお茶。

 

弟夫婦の家計は、
兄夫婦のために切り詰めている
のに…。

 

希美子はダンダン違和感を感じてきます。

 

「子供ができないんだから
麻由を自分の子だと思って」

 

「一緒に育ててるつもりで ね」

 

自分の子どもを教室に通い、
私立に入れると話す聖子。

 

そして、
姑まで希美子に兄の子を自分の子のように育てろと、
あり得ないことを話します。

 

「私だって迷惑しているのよ」

 

一生専業主婦ということで、
浩一郎(兄)と結婚したと話す聖子は、
苦しい状況でも働く気もない。

 

兄を助けようと言う気など、
なかったのです。

 

そんな、自己中心的な兄夫婦の肩を持つ姑。

 

しまいには、希美子に正規職員になって、
もっとお金を入れてもらおう。

 

とまで提案してきます。

 

さすがに、苛立った希美子は、
自宅に帰って夫の慎二にその話をすると…。

 

身内が憎くてたまらないの感想

兄がリストラになって経済的に厳しい。

ということで、助けていた弟夫婦。

 

しかし、実際兄夫婦の所を訪れると、
兄の嫁は裕福な暮らしをしていました。

 

つまり、
希美子のお金を使って、
何不自由なく暮らしていたのです。

 

兄嫁は働くこともしない、
兄を助けようともしない。

 

そして、
その肩を持つ姑に不満を持った
希美子は夫にその想いをぶつけると…。

 

とにかく、希美子の子どもまで、
堕ろせという姑に腹が立ちました。

 

本当にこんな姑や兄嫁がいたら
私なら耐えられません。

 

「身内が憎くてたまらない~崩れゆく家族~」」は
BookLive!で108円で読みが出来ます。

 

登録無料で継続課金もありません。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
「崩れゆく家族」で検索してください。