美醜の大地 14話のネタバレと感想【絢子と再会!?ハナがピンチ?】

美醜の大地
~復讐のために顔を捨てた女~

作者:藤森治見

 

『絢子とハナがついに再会!?』

絢子にものすごーい憎しみを持っているハナだからこそ、
もし、絢子にあったらスグにでも復讐をするのでは!?

そんな風に感じていました。

しかし、ハナは絢子を見て恐怖すら感じてしまう。

それはあの女学校の時のように…。

読んでいてある意味ドキドキです。

絢子何考えているかわからなくって怖すぎて…。

 

美醜の大地ネタバレ14話

 

「大丈夫ですか?」

 

現在の絢子を知るために偵察にきていた、
ハナ。

 

しかし、ハナは憎しみよりも恐怖が勝っていたのでした。

 

他の人には恐怖すら感じなかったのに、
絢子だけ…。

 

『憎しみよりも恐怖が勝っているなんて』

 

そんな自分をハナ自身認めたくなかったのでした。

 

絢子と再会!?ハナがピンチ?

「すごく綺麗だよ絢子さん!」

 

結婚式の衣装合わせをしていた絢子。

 

白川は絢子の姿を見てそう話す。

 

「ええとても素敵ね」

 

いつもと変わらず無表情で話す絢子に
白川もお店の人も気を遣う。

 

「ちょっと失礼するわ」

 

そういってその場を去る絢子が向かう先はトイレ。

 

『今あそこには彼女(ハナ)が』

 

トイレの中にはハナもいました。

 

「…きれい」

 

ハナが振り向くとそこには絢子が…。

 

目が合うと、目を見開いて、
女学校で初めてハナと会った時と同じ言葉や顔をします。

 

「どうして?前にもあなたのように
綺麗な人に会ったことがある」

 

目を見開いたまま、無表情な顔でハナを見続ける絢子。

 

その顔は本当に怖い…。

 

そんな絢子の言葉に恐怖を感じるハナは、

 

「いや!!」

 

絢子を突き飛ばしその場から逃げようとします。

 

「ねぇ教えて」

 

ものすごい顔をした絢子はハナを追いかける…。

 

そして、ハナは絢子に…。

 

※「美醜の大地」無料お試し読み
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「美醜の大地」で検索してください。

 

美醜の大地 14話 ネタバレ

あれだけ復讐に燃えていたハナですが、
絢子を目の前にしたら、あの時の恐怖が蘇ります。

 

再会を果たしたものの、
ハナは結局絢子から逃げることに…。

 

そして、逃げた先には…。

 

そして、絢子にだけ見える綺麗なものとは何なのか!?

 

「美醜の大地」14話は
まんが王国で150円で読むことが出来ます。
無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

登録も無料です。

 

まんが王国はコチラです。
「美醜の大地」と検索してください。