声なきものの唄 5巻 18話ネタバレ【知らぬ間に味方が!?チヌが人気な理由がわかる】

作者:安武わたる
5巻未完結

 

『声なきものの唄』5巻18話「迷い猫」です。

そんなに美人とはいえないチヌ。
(美人だと思っている人はごめんなさい。)

 

チヌはなぜ女郎の中で人気があったのか…。

 

それはこの18話を読むと本当にわかります。

 

やっぱり見た目も大事だけど、

それよりも中身が大事なんだなぁ~

と感じてしまいました。

 

チヌの心は本当に綺麗。

 

こういった人がきっと内面から
『男』も『女』も癒すのでしょうね…。

 

『声なきものの唄』無料お試し読みはこちら
↓    ↓    ↓
>>>まんが王国
『声なきものの唄』と検索してください!

※登録無料・スマホ専用

 

声なきものの唄 5巻 18話のネタバレ

 

「今うちは下働きや」

 

チヌはヘマをして女郎から下働きをしていました。

 

それは、洗濯だったり料理だったり。。

 

「おクマさんはあの娘ばかり特にいぴっとらんか?」

 

異常なまでにチヌに厳しい指導をするおクマさん。

 

しかし、チヌはそんな厳しい指導も
文句なしに素直に働いていました。

 

「うちん旦那になってくれるって
ゆうたやないの!」

 

チヌが下働きをしている間、女郎の蓮花は
チヌのお客だった海運会社社長の後藤田甚八を取ろうとします。

 

「千鳥ぃ久しぶりやな」

 

チヌが下働きをしていると、
背後から後藤田が声をかけてくる…。

 

「なんや新鮮やなぁそういう姿も」

 

そう言うとチヌを襲おうとします。

 

「やめぇ!!」

 

『バチンッ』

 

そんな、後藤田の頬を叩くチヌ。

 

その後、”ニコッ”と笑って

 

「失礼しました…」

 

「千鳥太夫」になったら
いくらでもお相手いたしますわ。

 

そういって走り去っていきます。

 

女郎じゃない時は、他の女郎のお客は取らないという真面目なチヌ。

 

知らぬ間に味方が!?チヌが人気な理由がわかる

『なんや?あの娘いつんまにか味方増やして…』

おクマさんの厳しい指導も素直に聞き入れるチヌ。

 

そして、理不尽なことがあってもそれも
自分のミスと受け止めるチヌの周りには次第に下働きを共にする娘達と打ち解けるようになっているのでした。

 

「女中でも娼妓でも」

 

「やっぱりおもしれぇなああのコは」

 

後藤田は楼主にそんな事を話します。

 

そして、チヌを女郎に戻すか検討することに…。

 

『畜生 畜生 畜生…っ』

 

そんな話を聞いた女郎の蓮花は爪を加えて悔しがる…。

 

そして、チヌに…。

 

声なきものの唄 5巻 18話の感想

『声なきものの唄』5巻の18話は、
ミスをして女郎ではなく下働きをするチヌ。

 

それを良いことに、女郎の蓮花はチヌの
お客後藤田を取ろうとします。

 

蓮花はチヌよりも見た目は綺麗です。

 

しかし、
蓮花がチヌに勝てない理由は、
容姿ではなく他のことだったのでした。

 

男にも女にも好かれるチヌ。
その理由がこの話を読むと良くわかりました。

 

続きもネタバレはコチラ
⇒声なきものの唄 5巻 19話ネタバレ【お婆ちゃんが女郎?男と繋がっていたい女】

 

声なきものの唄 5巻18話は、
まんが王国で読むことができます。

 

無料お試し読みもあるので
良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
「声なきものの唄」で検索してください。