女の犯罪履歴書Vol.13 裏切られた女のネタバレ【若い家政婦と不倫する夫!?夫婦が寝るベッドで体を重ねる?】

女の犯罪履歴書Vol.13裏切られた女
1巻完結
こんにちは!
女の犯罪履歴書シリーズ の『裏切られた女』を読みました~。

全5作構成で出来ています。

 

そのうちの『まちがえた女』です。

この話に登場する夫は酷すぎる…。

 

裏切られた女のネタバレ

 

『家政婦と夫が不倫』

 

家政婦をしている若い女性と夫が不倫をしていたら…。

 

お金持ちの家ならあり得そうな話です。

 

主人公華鈴は作家さんで、夫の達彦は一般のサラリーマン。

 

しかし、達彦は華鈴に相談もなくいきなり仕事は辞めてくるわ
家政婦として働きに来ているマキと不倫をしているなど、
かなりドロドロでした。

 

そして、この夫ひどすぎる…。

 

夫婦で寝るベッドを使ってマキを抱こうとしているのですから。

 

若い家政婦と不倫する夫!?夫婦が寝るベッドで体を重ねる?

 

「会社をやめた?」

 

ある晩、達彦は妻の華鈴に相談なく仕事を辞めてきます。

 

それも一流企業の会社を…。

 

それは、本人の中では突然のことではなく、
上司との折り合いが合わず辞めたようでした。

 

「締め切りに追われてフラフラになっていただろ?」

 

「心配かけたくなかった…」

 

達彦は華鈴を気遣ってくれる。

 

しかし、これは自分都合なだけでした。

 

「生活費のことは私がちゃんとするから」

 

華鈴は達彦が再就職するまでを応援するのでした。

 

「マキちゃんもう少し手伝いに
きてもらいないかと思って…」
達彦が仕事を辞めたことで仕事を増やそうとする華鈴。

 

そして、
家政婦のマキにもう少し働きに来てほしいと頼みます。

 

「こうやって昼間から
マキちゃんとイチャイチャできるからさ」

 

華鈴のいない自宅で、マキに後ろから抱き着く達彦。

 

昼間家政婦として自宅にいるマキと
仕事を辞めた夫は昼間からイチャついていました。

 

「3日くらい仕事場に泊まり込んでいいかしら」

 

ふと物語が閃いた華鈴は達彦にそう頼み込みます。

 

そして、そのことをマキにも伝える…。

 

華鈴が自宅に帰ってこないことをいいことに、

 

「華鈴がいないから
一晩中ずーーっとアイシあえるぜ」

 

マキにそういうと、
夫婦で寝ているベッドで体を重ねるのでした。

 

そして、マキは達彦を手に入れるために更にスゴイことを
考え始めるのでした。

 

それは…。

 

裏切られた女の感想

勝手に仕事は辞めてくるし、
若い家政婦と不倫はするしと好き放題の夫。

 

作家の華鈴の収入で生活をしようとしているし、
本当あり得ません

 

マキも「華鈴がいなければいい」と
思っているから、『体調を崩してコロっと言ってくれれば
いい』なども思ってるし…。

 

マキの考え方も怖いです。

 

『裏切られた女』は、まんが王国で読むことができます。

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んでください。
登録は無料です。

 

まんが王国はコチラです。
『裏切られた女』で検索してください。