溺れる女 漫画のネタバレと感想【小6女子の驚くべき性事情?そして弟と…】

女たちの禁断の告白
~溺れる女~
作者名 :めぐみ京香
1巻完結

 

 
こんにちは!
「女たちの禁断の告白~溺れる女~」を読みました。
性に興味がある小学生。

 

 

小学校男子ならよく聞く話。

 

 

 

しかし、女の子ってどーなんでしょうね?

 

 

この「溺れる女」は小学生の女の子が性に
興味を持つ話です。

 

 

実話だからこそ、小学生女子でもやっぱり
性に興味をもつものなのかぁ~。

 

 

と思っちゃいました。

 

しかし、ここまで性に興味を持つ女の子も
めずらしい?

 

 

子供の頃から色気があるその女の子。

 

 

性への興味はだんだんエスカレートしていく…。

 

 

そして、担任の先生や弟と!?

 

 

「女たちの禁断の告白~溺れる女~」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>まんが王国
「溺れる女」と検索してください。
※登録無料

女たちの禁断の告白~溺れる女~のネタバレ

『転校生の吉田さん』
『皆仲良くするように』

 

 

小学校6年生の時、吉田沙夜子はあかりの小学校へ
転校してきました。

 

 

「あかりちゃん一緒に遊ぼ」

 

 

席があかりの隣になった沙夜子。

 

沙夜子と正反対のあかりはなぜか、
仲良くなっていくのでした。

 

 

「やだ!!沙夜子ったらやらしい本読んでッ」

 

 

沙夜子が見ていたのはエロ本。

 

 

それは、女が男に抱かれている所でした。

 

「本当のセックスはもっとスゴイわよ」

 

 

沙夜子はどこか、色気があって大人っぽい
所がありました。

 

 

そして、性に興味を持っていたのです。

 

小6女子の驚くべき性事情?そして弟と…

「あいつとホテル行ったの」

 

 

中学に上がる前に担任の山本先生と
ホテルにいったと話す沙夜子。

 

 

『そしたら…超下手で…』

 

 

激怒しながら話します。

 

 

そして、

 

「これなら達也の方がよっぽどよかったわ」

 

 

 

その後、弟の達也とセックスをしていると
ポロッと話してしまう沙夜子なのでした。

 

 

「初体験の相手は弟の達也なの」

 

 

自宅で父親のエロ本を一緒に見ていた、
沙夜子と弟の達也。

 

 

「ねぇ…お姉ちゃん本物見せて」

 

 

沙夜子は自分の股を開いて
弟に自分のアソコを見せる…。

 

 

「…入れてみる?」

 

 

達也は小4年、沙夜子は小5で初体験を
したのでした。

 

 

そんな沙夜子が中学になるとダンダン綺麗になり、
性への興味は更にエスカレート。

 

 

そして…。

 

 

女たちの禁断の告白~溺れる女~の感想

小学校6年生の時にあかりの学校へ転校してきた沙夜子。

 

彼女はとても可愛い子で、
小学生の時から大人っぽくて色気がある女の子でした。

 

 

あかりとは正反対の沙夜子。

 

 

なぜか、仲良くなったのです。

 

 

 

沙夜子の家にいくと、エロ本をあかりに見せてくる。

 

 

そして、中学に上がる前に、
担任の山本先生とホテルに行くなど、
小学生としては驚くべき行動をとるのでした。

 

 

そして、なんと初体験は自分の弟と
話きて…。

 

 

その後、彼女は性に溺れる人生を歩み始めます。

 

 

とにかく、悪気はない子とは思うけど、
こういった小学生もいるのかと驚かされます。

 

 

「女たちの禁断の告白~溺れる女~」
まんが王国で100円で読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
「溺れる女」と検索してください。