有料カレシ~非モテ女子のレンタル恋人~『父の味噌汁』ネタバレと無料お試し読み【熟年離婚の原因?涙するほど感動する話】

有料カレシ
~非モテ女子のレンタル恋人~
作者名 :はやしだちひろ
1巻完結

 

こんにちは!
『有料カレシ~非モテ女子のレンタル恋人~』
を読みました。

 

この漫画は全部で6部作になっています。

・有料カレシ~非モテ女子のレンタル恋人~
・笑顔の裏側
・不幸喰い
・父の味噌汁
・パートのお姫様
・汚ねだり姫

 

 

そのうちの、『父の味噌汁』です。

 

 

ストーリーな女達は悪い話が多いのですが、
この話は感動しました…。

 

 

というのも、夫婦連れそうなら、
定年退職した後、夫にこんな風に思われる夫婦でありたい。

 

 

と感じたほどです。

 

 

このストーリーの内容は、
定年退職をした夫に、妻が”家事放棄”する。

 

 

という話。

 

 

家事をしたことない夫は自宅では”てんてこまい”です。

 

 

料理は焦がすは、部屋は汚いわ…で…。

 

 

でも、夫は何もいいません。

 

 

夫は妻が家事をすることは当たり前だと感じている。

 

 

ありがとうを一言も言ってくれない。

 

 

という気持ちで家事放棄。

 

 

妻はその後、
友人のビジネスの手伝いをして働き始めます。

 

 

エンジョイしているかのように見えても、
妻の周りからは友人が去ってしまうのでした。

 

 

それは、商品を売り込んでいたからです。

 

 

その後、妻は最大のピンチが訪れます。

 

 

それを助けてくれようとしたのが、
夫なのでした。

 

 

妻が家事をするのは当たり前!
と思っている夫。

 

 

しかし、そう思っていたのは妻だけだったのです。

 

 

夫は妻を信じていました。

 

 

そして、言葉では言えないけど、
感謝をしていたことを知った妻は…。

 

『有料カレシ~非モテ女子のレンタル恋人~』
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>Book Live!
『有料カレシ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

有料カレシ『父の味噌汁』ネタバレ

「お父さん1日中家にいて何もしてくれないのよ」

 

 

母親が娘 真由美の自宅へ遊びに来た時のこと。

 

 

母や定年したばかりの
父の悪口を言いにくるのでした。

 

 

「息つまっちゃうな」

 

 

「帰りたくないなぁ」

 

 

お菓子をボリボリ食べながら、
そんな風に言っているのでした。

 

 

「洗濯ものほったらかしにして、
何時間ほっつきあるいんているんだ

 

 

母親が自宅に帰ると、
そんな風に話す父親。

 

 

「家にいるなら
取り込んでくれればいいのに…」

 

 

そう話しても、家事は母親の仕事。

 

 

と父親は話すだけなのでした。

 

 

「お父さんお疲れ様」

 

 

父親の定年退職祝いをする真由美夫婦と母。

 

 

ワイワイした中で、
皆、父を労う言葉をいいます。

 

しかし、母だけは、

 

 

「私も今日で主婦業を卒業します」

 

 

初めは誰もが母の言葉を冗談と思っていたのです。

 

熟年離婚の原因?涙するほど感動する話

「もしもしどうしたのお父さん」

 

父親から真由美の携帯に電話が…。

 

 

どうやら母の言ってたことは本気だったらしく、
父親は洗濯機の使い方を教えてほしい。

 

という電話なのでした。

 

真由美は実家に帰ると、

 

 

家の中はグチャグチャ。

 

 

流しには食べたお弁当のゴミだったり、
カップめんだったり…。

 

 

父親はそんな買ってきたものばかりを
食べていることがわかります。

 

 

なんと、1階は父、2階は母と、
家庭内別居状態だったのです。

 

 

「お父さんワンマンな所あるけど、
いくらなんでもひどいよ」

 

 

真由美は父親のお弁当を買ってきた
姿を見てそう話す。

 

 

しかし、母は娘のいう事に耳をかしません。

 

 

「主婦業も義母の介護も必死にやったわ」

 

 

「でもお父さんから
ありがとうの一言もなかった」

 

 

原因は、父が母に感謝の気持ちを伝えていないことに
ありました。

 

 

しかし、原因がわかったとしても父親は、

 

 

「誰のおかげでこんな暮らしができたと
思ってる」

 

 

ケンカが始まってしまう…。

 

 

母が父に逆らった所を見るのは
真由美は初めてなのでした。

 

 

「仕事とか始めて離婚するつもりかしら」

 

 

仕事を始めるという母に、
父と母の間に溝は深まるばかり。

 

 

『ジュワ~』

 

 

料理をしていると、
鍋から汁が噴きこぼれる。

 

 

家事が出来ない父。

 

 

父はどんどんみすぼらしくなっていきました。

 

 

「ねぇ友達に売りつけてるって本当?」

 

 

真由美はある日母親の友人と会います。

 

 

そして、母親は友人達に物を売り込んでいる。

 

 

という話を聞くのでした。

 

 

自宅には、売るための商品といって、
大きなダンボールが置かれていました。

 

 

そんな母から友人たちは
距離を置くようになっていたのです。

 

 

『会社の友達とも連絡がとれなくなった…』

 

 

母は結局友人に騙され、
連帯保証人として600万の借金を支払わないと
いけなくなります。

 

 

「だから世間しらずだといったんだ!!」

 

 

父はそんな母に激怒する。

 

 

「これで返しなさい」

 

 

父親名義の通帳を母に渡そうとします。

 

 

しかし、

 

 

「自分でなんとかします」

 

 

「またこのお金で家政婦のようにこき使われるんだわ」

 

 

そう言うと、うわああああぁぁぁ。

 

 

と泣き出すのでした。

 

 

「そんなに嫌なら別かれたらいい」

 

 

「その金は手切れ金代わりにやるよ」

 

 

そう言い放つと、父は別の部屋にいってしまう。

 

母は再び泣きじゃくる。

 

 

しかし、そんな父の部屋には、
フルムーンのパンフレットが置いてあるのでした。

 

 

その後、母は真由美の自宅にしばらく住むことに…。

 

 

自分の家じゃないから、やることがなかった母親は、
自宅の花壇が気になります。

 

 

父親が花壇に水を上げるような
人じゃなかったからです。

 

 

そ~っと自宅へ返って花に水をやろうとしたら、
自宅の前で父親の姿を見かけます。

 

 

その姿は、どーやら人と口論になっているようでした。

 

その理由は…。

 

とにかく、
最後は感動せずにはいられない内容です。

有料カレシ『父の味噌汁』の感想

仕事をずっとしてきて、定年退職を迎えた父。

 

母と一緒にいる時間が増えると、
息がつまりそうになる。

 

 

と娘の真由美に話すのでした。

 

 

ワンマンで素直じゃない父。

 

 

今まで家事や義母の介護をしてきた母に、
感謝の気持ちを伝えたことがありませんでした。

 

そんな父に不満はどんどん募り、ついに家事放棄します。

 

 

父は家事をしたことがないのか、
自宅の中はグチャグチャでした。

 

 

母は友人の誘いでビジネスの手伝いをし、
生き生きしていたかと思ったら、
友人に騙され、600万の借金をしてしまう。

 

 

増々、父と母の仲が悪くなる一方。

 

 

母は真由美の自宅へしばらく住むことに…。

 

 

ある日花壇の花が気になって、
母親が自宅に帰ると、父の意外な行動を
見るのでした。

 

 

それは…。

 

 

素直じゃない頑固な父親。

 

 

しかし、母を想っている気持ちは
変わらずにいたのかもしれません。

 

 

女性は言葉じゃないと伝わらない所があります。

 

 

しかし、心のスレ違いで長い間連れ添った夫婦。

 

 

熟年離婚しないで
欲しいと感じる話でした。

 

『有料カレシ~非モテ女子のレンタル恋人~』は
Book Live!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『有料カレシ』と検索してください。