おばさんSNS中毒『いじけ女のオフィス日記』のネタバレと感想【男を手玉に取る女?私なんか…が口癖の女のあり得ないブログ!?】

おばさんSNS中毒
作者:伊東爾子 ・まるいぴよこ ・ 宮崎明子 ・ 川島れいこ ・ 和田海里
1巻完結

 

こんにちは!
「おばさんSNS中毒」を読みました。

 

この話は全部で5部作になっています。

 

・キラキラ女子の闇
・彼女の病気
・いじけ女のオフィス日記
・危険な誘惑
・勝ち組の言い分

 

 

そのうちの「いじけ女のオフィス日記」の話です。

 

男を手玉にとる女…。

 

職場にこういう人は1人はいるかもしれません。

 

 

それは、男性職員に気に入られようとする女性。

 

 

その理由は、
自分がいやすいようにするためです。

 

 

仕事優先にするために、
お茶はセルフ。

 

 

そんな職場だったのに、
美味しいお茶を入れて配る派遣職員。

 

 

その女性が派遣されてから、
どこか社内の雰囲気がピリピリしていました。

 

 

それは、
女性が男性職員にばかり好かれて、
女性職員からはウザがられていたからです。

 

 

「わたしなんか…」

 

 

何かあると、健気に自分を下げる女性。

 

 

そんな女性に男性達はメロメロに…!?

 

 

そんな彼女は『オフィス日記』
というブログを運営していて…。

 

その内容が…。

 

 

「おばさんSNS中毒」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「おばさんSNS中毒」と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

おばさんSNS中毒『いじけ女のオフィス日記』のネタバレ

「あの…七瀬です。
よろしくお願いします。」

 

七瀬千鶴(24歳)はが派遣社員として、
入ってきたときのこと。

 

 

「私が一番の古株なのよ」

 

 

派遣上がりで今は契約社員として働く、
吉永さん。

 

 

吉永さんは、千鶴を教えてる担当になるのでした。

 

 

「良くこんな営業計画たてたわね」

 

 

営業マンに物申す女上司の東城主任。

 

 

その姿を見て、ビクビクする千鶴。

 

 

しかし、吉永は、

 

 

「東城主任はキツイ所もあるけど、
仕事をしていれば理不尽なことは言わない」

 

 

まさにリーダータイプの女性だったのです。

 

 

「よろしくっす!
こんなかわいい人きてくれて」

 

 

千鶴に挨拶をする営業の真柴くん。

 

 

すると…。

 

 

「私なんか…かわいくなんか…」

 

 

「地味だしイケてないって」

 

 

千鶴はそんな言葉を言うのでした。

 

男を手玉に取る女?私なんか…が口癖の女のあり得ないブログ!?

 

千鶴は仕事が出来るわけではないけど、
一生懸命仕事をしてくれました。

 

 

「前にもいったはずだけど…」

 

 

「ここではお茶なんか
入れる必要ないのよ」

 

 

千鶴は必要ないのに、
社内の人にお茶をくばる。

 

 

「七瀬ちゃんが入れてくれるお茶上手いんだよな」

 

「癒されるというか…」

 

 

今まで女性社員にしてもらえないことを
してくれる千鶴に、上司達は好感を得ているようだった…。

 

 

「女子力はこの会社には必要ありません」

 

 

東城主任が千鶴の行動が目について物を申す。

 

 

すると…

 

「すみません…私が…」

 

 

そういって千鶴は涙をポロポロながして、
泣き出すのでした。

 

 

「私なんか…仕事は出来ないし…」

 

 

「私なんか…それくらいしかできないので」

 

「私なんか…」

 

「私なんか…」

 

 

そんな、千鶴の「私なんか…」が女性社員には耳タコ
になっていたのです。

 

そんな彼女をうっとうしく感じる女子社員も…。

 

 

「何より性格いいし」

 

 

「息子の嫁が七瀬ちゃんみたいだったらなぁ」

 

 

「お茶入れてもらうとなごむよー」

 

 

気が付くと、
千鶴の周りには男性職員が沢山いました。

 

 

そんな彼女の姿を女性職員は、
良いように見ている訳もない。

 

 

「七瀬ちゃんは奥ゆかしいよ」

 

 

上司までそんなことを言う始末。

 

 

「何回同じことを言わせるの!?
あんたバカなの」

 

 

千鶴は時間が経っても仕事が出来ないままでした。

 

 

東城主任は感情も入っていたのでしょう…。

 

 

千鶴に対しての
ヒステリーが多くなっていったのです。

 

 

そして、

 

 

「息が…苦し…」

 

 

千鶴は過呼吸で倒れてしまうのでした。

 

 

それが原因で、
東城主任は異動になってしまいます。

 

 

それから、
東城主任がどんなに有能だったか、
他の社員が身をしみて感じるのでした。

 

 

つつましくしている千鶴。

 

 

しかし、
その裏では千鶴のオフィス日記という
ブログを運営していたのです。

 

 

その内容とは!?

 

おばさんSNS中毒『いじけ女のオフィス日記』の感想

派遣社員として入社した七瀬千鶴。

 

彼女の控えめな感じの彼女の口癖は、

 

 

「私なんか…」

 

 

いつもそんな言葉を言っていたのです。

 

 

しなくても良いと言われたお茶出しをし、
男性職員に好かれるようになります。

 

 

初めは女性社員も仲良くしていたのですが、
そんな千鶴を良く思わない女性社員も出てくるように…。

 

何より、女上司の東城主任が
必要ないことをしていて、
仕事が出来ない千鶴を嫌うように
なっていきます。

 

 

東城主任のヒステリーが千鶴を追い込み、
過呼吸になって倒れてしまう。

 

 

そして、東城主任は異動になってしまいます。

 

 

その後、職場の売り上げはガタ落ちし、
千鶴のオフィス日記と言われるブログも
発見されます。

 

 

その内容はあのしたたかな千鶴からは、
信じられないことが書かれていました。

 

 

とにかく、こういった女性は、女から
嫌われやすい!?

 

 

と感じる内容でした。

 

 

しかし、こういった女性身近にいるのかもしれませんね。

 

 

社内の雰囲気を壊すこの女性はある意味怖いです…。

 

 

「おばさんSNS中毒」はBookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『おばさんSNS中毒』で検索してください。