おばさんSNS中毒『彼女の病気』のネタバレと感想【乳がんと不幸自慢する女!?同情を買って仕事を減らせ?】

おばさんSNS中毒
作者:伊東爾子 ・まるいぴよこ ・ 宮崎明子 ・ 川島れいこ ・ 和田海里
1巻完結

 

こんにちは!
「おばさんSNS中毒」を読みました。

 

この話は全部で5部作になっています。

・キラキラ女子の闇
・彼女の病気
・いじけ女のオフィス日記
・危険な誘惑
・勝ち組の言い分

そのうちの「彼女の病気」の話です。

 

実話をもとに描かれれうからこそ、
驚きの話。

 

それは仮病を使って皆の同情を買う。

という話です。

 

しかも、病名は乳ガン。

 

皆気を使って簡単な仕事をするように
配慮してくれたり…。

 

とにかく、その女性からは夫も肺がんで…。

 

母親の体調も悪くて…。

 

まるで不幸自慢かのように、
さまざまな不幸話がでてきます。

 

そして、その話はあるブログと似ている。

「おばさんSNS中毒」
無料お試し読みはコチラ
↓  ↓  ↓
>>>BookLive!
「おばさんSNS中毒」と検索してください。
※登録無料・継続課金

おばさんSNS中毒『彼女の病気』のネタバレ

 

「マンモグラフィー検査って痛くなかった?」

 

スーパーで働いている由利(44歳)。

 

最近皆とは、乳がんの話題でもちきりでした。

 

その理由は、乳がんになる確率がもっとも高いのが
40代だったからです。

 

そんな乳がんの話をしていると、

 

「気になるなら受けたほうがいいですよ」

 

最近働き始めた森さんが、
そう言ってきます。

 

更に、

 

「乳がんで右胸全摘出手術受けたんです」

 

そんなカミングアウトをする彼女。

 

「そうだったの…体大丈夫なの?」

「協力できることはするから」

 

皆そんな森さんに同情し、
出来ることはしよう。

 

という話になるのでした。

乳がんと不幸自慢する女!?同情を買って仕事を減らせ?

 

「都合の悪い日ありますか?」

 

シフトのことで、希望休を森さんに聞くと、

 

「毎週水曜日は母の病院の付き添いがあるので…」

 

森さんの母親の体調が悪いことを知ります。

 

「す…すみませんちょっと気分が…」

 

手に口を押えて気分が悪そうな森さん。

 

そんな、彼女に皆気を使っていたのです。

 

「実は…夫も肺がんで亡くなったんです」

「心配なことばかりで…」

 

今度は、暗そうな表情で夫が肺がんで亡くなった
ことを皆に話す森さん。

 

そして、涙をポロポロ流す…。

 

「次々苦労話されても正直困るのよね…」

 

流石に毎回のこととなると、
由利達も疲れてしまうし、
対応にも困る。

 

そんなある日、街で森さんに似た人を目撃する由利。

 

その姿は、
タバコを吸ってパチンコをしていたのです。

 

森さんと言っていることのギャップが激しすぎて、
人違いと思っていたのですが…。

おばさんSNS中毒『彼女の病気』の感想

スーパーで働く由利44歳。

 

最近の話題は乳がんのこと。

 

それは40代がもっともなる確率が高かったからなのでした。

 

そんな中新しく入った森さんが、
乳がんで全摘していると話します。

 

それから、同じ職場の女性は彼女に配慮して
仕事をお願いするようになるのでした。

 

そして、また別の日には母親の体調が悪い。

 

また別の日には夫が肺がんで亡くなっている。

 

つぎつぎと出る不幸話に、
まるで不幸自慢のようにすら思えてきます。

 

流石に毎回となると皆森さんの話に
疲れてしまうのでした。

 

ある日、由利は森さんと似ている女性を見かけます。

 

その姿はタバコを吸ってパチンコをしている。

 

そんなことあるわけないか…。

 

と思っていたのに。

 

森さんの神経と行動を疑う話でした。

 

実話を元に描いているからこそ、
こんな人には注意が必要です。

 

「おばさんSNS中毒」はBookLive!で読むことが出来ます。

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

BookLive!はコチラです。
『おばさんSNS中毒』で検索してください。

 

 

おばさんSNS中毒『いじけ女のオフィス日記』のネタバレと感想【男を手玉に取る女?私なんか…が口癖の女のあり得ないブログ!?】

2018.06.07