美醜の大地 12話 ネタバレ【絢子がハナをイジメる理由?そんな2人の出会いとは!?】

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~
作者:藤森治見

 

 

美醜の大地ネタバレ12話

 

「絢子はなぜハナを
イジメるようになったのだろう?」

 

今まで読んでいて、
そう言われてみればわからなかった…。

 

そんな風に感じながら読んでいた私です。

 

この12話では、ハナが絢子に出会い、
イジメにあうまでのことが描かれています。

 

絢子にハナは

 

『どーしてそんなに綺麗なの?』

 

と問います。その意味は?

 

絢子がハナをイジメる理由?そんな2人の出会いとは!?

 

「ここでたくさん学んで
自分の幸せを掴みなさい」

 

女学校に通い始める初日。

 

父親はハナにそんな言葉をかけます。

 

父親が仕事で無理してでも、
ハナを女学校へ通わせようとする。

 

そんな愛情深い家庭で育ったハナでした。

 

今はないような、
穏やかな笑顔をするハナ。

 

『あの席の人、今日も来ていないな…』

 

「すごい大会社のお嬢様なんだって」

 

 

毎日欠席をしている生徒がいました。

クラスの女子がその子の噂をします。

 

『ずっときてなかった子だ…』

 

ある日、ハナが学校へ登校すると、
いつも欠席だった女子が座っていました。

 

「お おはよう…」

 

2人きりで何も話さないのも不自然だと思った
ハナはその女子に話かけます。

 

振り向いたその子は
とても綺麗な顔立ちをしていたと思ったら…。

 

「どうしてあなただけ」

 

「そんなに”きれい”なの?」

 

ものすごく目を見開いて、
ハナの首に手をかける。

 

そして、『ぐ…』と首を
しめ始めます。

 

その子が絢子で、
ハナはそんな絢子が怖くて、
手を払って逃げてしまう。。。

 

それから、ハナは絢子にイジメにあうように
なります。

 

美醜の大地12話の感想

絢子がなぜハナをキレイといったのか?

それは、容姿の綺麗じゃなくて、
心の事をいったのかな?

とも感じます。

 

絢子は見た目はキレイですが、
何を考えているのかわからなくて
怖いです。

 

綺麗だからこそ、
更にその怖さが増している気がするのは
私だけでしょうか?

 

この12話では、
絢子の夫も登場します。

 

夫をまるでペットのように
扱っている光景を見ると、
絢子は狂っているな。

と増々感じます。

 

もちろん、絢子の夫もおかしいですが…。

 

『美醜の大地』12話は、
まんが王国で先行配信を
しています。

 

1話150円なので、良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
『美醜の大地』で検索をしてください。