重量級キャバ嬢の品格 ネタバレ【ぽっちゃりパブで起きた女の嫉妬!結局、男性は聞き上手な女性がいい?】

重量級キャバ嬢の品格
作者:宮島葉子

 

 

 

重量級キャバ嬢の品格のネタバレ

ストーリーな女たちシリーズは、
実話を元に描かれていることが
多く、この話もその1つです。

 

この重量級キャバ嬢の品格は、
ぽっちゃり女性を集めたキャバクラで
起きた出来事を描いています。

 

自信がない新人が、
どんどん客に好かれていく…。

 

その理由は、

”家庭的”で、
”聞き上手”だからです。
まさに、男性の理想の的を得ている!?

 

結局男性は、見た目よりも
そういった女性の方が好きなのか?

 

そんな風にも感じさせられます。

 

新人が客に喜ばれる…。

 

店一番の売れっ子キャバ嬢が
何も思わない訳がない…。

 

つまり、嫉妬です。。

 

そして見苦しいけど、
女のバトルが始まるという…。

 

ぽっちゃりパブで起きた女の嫉妬!結局、男性は聞き上手な女性がいい?

夫に浮気をされた事が原因で、
バツイチでシングルマザーの成美。

 

「子供のために働かなくちゃ」

 

見た目がポッチャリな成美が
受かった所は、ポッチャリ女性を
扱うキャバクラでした。

 

「ぶうかちゃんウチの店の
ナンバーワンだよ」

 

お店ではニックネームがあるらしく、
優花を”ぶうか”、成美は”まるみ”と
呼ばれるようになります。

 

「この二の腕見せたくないなぁ」

 

ノースリーブのワンピース、
ヒールの高い靴。

 

そんな露出した服を着たまるみは、
自分の身体に自信がありません。

 

『むにっ』

 

お客はぽってりとした
まるみのお尻をワシ掴み。

 

「触るならこっち」

 

まるみが動揺していると、
ぶうかが、お客の手を掴んで、
自分の身体を触らせて助けてくれます。

 

「本当においしそうじゃないか」

 

注文に遠慮していると、
お客からもっと食べてと言われます。

 

それは、ぶうかやまるみ達が
美味しそうに食べる姿を
見るのが好きなのでした。

 

「ここまだ手だよね…」

 

お客がまるみの腕をなでなですると、
嬉しそう。

 

そして、

 

「ドキドキしちゃうよ」

 

そんな風に久しぶりに男性に言われて、
頬を赤く染めてしまうまるみ。

 

『お前みたいなデブと結婚するような男じゃ
なかたんだよ!』

 

元夫の話を思い出してしまう。

 

そして、
女として自信をなくす。。。

 

しかし、ここに来る客は、
そんなぽっちゃりとした女性が好きな人
ばかり。

 

『ここでは太めと呼ばれる女性達が
美しく見えます』

 

それは、

お化粧も上手いし肌も綺麗。

何よりよく笑います。

 

そんなぽっちゃりパブで、

 

『働くのは楽しい!』

 

そう感じていた時でした。

 

「上司がさぁー」

 

お客が会社の愚痴を言い始めます。

 

「わかるわかる

三沢さんが悪いんじゃないと思う」

 

まるみはその気持ちを受け止めてあげます。

 

「まるみちゃん聞き上手だから」

 

「俺もさぁこないだの健診で
高血圧で注意されて」

 

「減塩料理レシピ
書いておいてくれて」

 

徐々にまるみの評判も良くなっていきます。

 

そんな、
お客が喜ぶ姿をみたぶうかは
面白くない。。

 

そして、
平穏だったぽっちゃりパブに
女のバトルが勃発し始めます。

 

『重量級キャバ嬢の品格』の感想

男性は、

 

「細くてきれいな女性が好き」

 

そんな固定観念があったけど、
この話を読むと男性の好みは、
ひとそれぞれだなぁ~と感じます。

 

そして、
やっぱりこういった平穏そうな
キャバでも女の嫉妬ってあるんだなぁ~。

と怖くなりました。

 

ぶうかの変わりようが
本当、こわかったです。

 

『重量級キャバ嬢の品格』は、
BookLive!で無料お試し読みができます。

 

登録無料、継続課金もないので、
良かったら読んでみて下さい。

 

 

BookLive!はコチラです。
『重量級キャバ嬢』で検索して下さい。